スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

北アルプス日帰り 新穂高ー双六小屋ー槍

ハセツネの練習として、そろそろ追い込みの練習をしたいところ。
ということで、北アルプスへ行ってきました。

前夜、新穂高に向けて車を走らせ、夜中12時過ぎに新穂高に到着。
家から新穂高まで車を運転中、気になることが。
途中の道路の温度計がやけに低く、10度を指しているところも。
月が明るく輝いていると思ったら、どうやら放射冷却でぐっと気温が下がった模様。
あまり衣類をたくさん持ってきていないので、多少の不安を感じる。

しばらく仮眠を取り、2時半に起床。いざ出発!

3:00 新穂高出発
ヘッデンを点けて出発。
今回の練習は夜間歩行の練習と長時間の補給がテーマ。
準備したヘッデンはいい感じの明るさで何の不安もない。

3:45 笠新道登山口
最初なのでゆっくりめに歩いてきた。
途中、自転車で来ていたおじさんに追いつく。
どうやらその人は笠新道から三俣蓮華の小屋まで行きたいそうな。
軽く行けますから頑張ってくださいと言って、先を行かせてもらう。

5:20 杓子平
ここまで来ると空は明るくなってきて、遥かかなたに槍が見える。
今日はあそこまで行くのかと思うと少し信じられない気がする。
天気は快晴で、体もまだ軽い。
どんどん行く。

朝日が昇る槍方面を見る。

F1000008.jpg

5:57 抜戸岳付近稜線
すばらしい景色!
笠ガ岳へ向かおうかどうか迷うけれど、今回は槍を優先させてもらうため、キャンセル。
先を急ぐ。

朝日に照らされた笠ガ岳。

F1000009.jpg

7:11 弓折岳
いい気分でここまで来る。

7:42 双六小屋
少し人が多くなってきたけれど、走れるところは走った。
足が少し重くなってきて、食べ物も食べにくくなってきた。

双六小屋

F1000005.jpg

9:22 千丈乗越
槍を目指して西鎌尾根をひた歩く。
途中から軽装な人と一緒に抜きつ抜かれつのバトルをする。

9:55 槍の肩の小屋
さすがに疲れました。
と言うことで、今日はここまで。
ここで20分ほど大休止し、下山することを決定する。
槍も登ろうか迷うけれど、登らず降りることにした。
夏場の混雑と比べると少し寂しい槍の肩の小屋といった感じ。
でも最高の景色です。

槍をバックに。

F1000003.jpg

11:30 槍平の小屋
水を少し飲んですぐ出発。
かなりバテテいて、全く食欲はなし。情けなし。

13:22 新穂高着
ようやく付きました。
でもボロボロです。
今回はいい練習になりました。
食べ物に関しては前半から積極的に摂取しないと、後半は必ず疲れが来るということを思い知りました。
ハセツネが本当に楽しみになってきた。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。