スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雪中テント泊 激パウダー 野伏ヶ岳

1月の3連休後半に山スキーへ泊りで出かけてきました。

メンバーは、fトラック社のH本さん、友人A川君、そして妻と僕。
H本さんA川君はテレマーク。
僕は今シーズン山スキーの初山行。
先週のゲレンデスキーでぼろぼろだったので、少し不安を抱えながら出かけました。

11日の朝まで僕は仕事だったので、仕事を終えて急いで準備。
そして子供達を富山の実家に預けて、東海北陸道を石徹白方面へ車を走らせます。
途中の御母衣ダム付近でも積雪は少なく、山へ入るのは危険な感じがします。
石徹白の除雪終了地点へ到着。
H本さん、A川君は、朝一から山へ入っていて、テントも設営しているとのこと。
助かります。

駐車場には僕ら以外に5台の車が。
やはり人気のルートですね。

13:20 石徹白出発
急いで準備をして、いざ出発。
今日はテントが設営されている和田山牧場までの予定です。
トレースを利用させてもらい、ずんずん進んでいきます。
雪の深さは靴程度。
雪は軽いけれど、山の中の藪はまだ多いです。
途中、2人パーティーと7人パーティーにすれ違い、少しお話をしました。

14:40 和田山牧場 テント設営地到着




テントに到着するも、山へ滑りに行ったのか誰もいない。
テントに雪が少しずつ着いているので雪を払っていると、野伏ヶ岳を滑ってきた2人と合流。
再開の話を少しして、和田山牧場の南端にあるピークを登って一本滑る。
藪が気になるけれど、ものすごいパウダー。
気持ちがいい。
あっという間に滑り降り、後はテントに入り、宴会開始。
A川君が用意してくれたキムチ鍋。
おいしくいただきました。
テレマークの熱い語りに、テントの中もヒートアップ。
夜遅くまで語り合いました。

朝、明るくなって起床。
ゆっくり準備をして外へ出ると、当たり前だけど寒い、寒い。
テントも少し雪に埋まったようです。




この時点でテント前の積雪を計ると140cm。
まだまだ少ないです。

9:00 和田山牧場 テント出発
昨日、野伏ヶ岳へ行ったと言うけれど、トレースは降雪で全くなし。
今日はオールラッセルです。
ルートはダイレクト尾根と呼ばれる野伏ヶ岳から南東に伸びる尾根を登ります。
テント前を出発するまでは天気がよく、野伏ヶ岳の頂上も見えたのだけど、歩き出すと天気も悪くなってきた。
風・雪共に強く、視界もない。
だけど、雪はものすごく軽いのでラッセルも楽チン。
ラッセルの深さは深いところで膝程度。




11:15 野伏ヶ岳頂上到着
思ったより時間がかからず頂上到着。
寒いし視界もないので、みんな黙々と滑降準備に入ります。
途中耐風体勢を取りながらの準備です。
さて、滑降開始。
滑降は、登りとは別の北東に伸びる尾根を滑ります。
ところが、数メートル先にあるはずの樹木の1本も見えないホワイトアウト。
この状況に4人とも全く動けず、取り合えず待つことに。
数分待っているとうっすらと樹木がみえたので、少しずつ移動。
北東尾根まで来るとだんだん視界が良くなってきた。
雪崩に気をつけ、ゆっくり滑降します。
やばい、最高~。
自分によってしまいます。
他の人の滑りを見ると、最初の1ターン目で、腰まで埋まり、2ターン目で全身雪まみれで、雪の塊が下方向に向かっている状態。
すばらしい条件!
みんなの滑りを撮影します。

テレマークのH本さん。



テレマークのA川君。



山スキーの妻。



どれもカメラのファインダーに人が入れば絵になります。
それでも慎重に行動しているため、登りと同じ時間をかけて和田山牧場西端まで到着。
ここから、テントまでたどり着き、急いで撤収。
和田山牧場を跡にして、下りラッセル編制を組んで林道を攻略。

16:00 石徹白駐車場着
車の上には70cmほどの雪が積もっていて、脱出に少し難儀しました。




帰りは車のスリップ渋滞やらスキー客の帰省渋滞やら雪による速度規制やらで時間がかかりましたが、無事家に到着。
本当に楽しかったツアーでした。

H本さん、A川君、またよろしくお願いします。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。