スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

白山登山~南縦走路~

白山に登りました!と言えばほとんどの人が別当出合から白山の山頂を往復するコースを取るであろう。
けれど、山と渓谷社などから出されている登山用の地図の「白山」の地図を広げてみると、白山ってかなり広い。
おまけに白山は独立峰なので、東西南北どこからでも登れるように道はある。 
別当出合以外のコースを選択するとどのコースも手強そうだ。
これは今年初参加のハセツネのトレーニングには最適では?
と言うことで、白山へのチャレンジを決行してみました。

今回、選択したコースは
石徹白大杉ー銚子が峰ー一の峰ー二の峰ー三の峰ー別山ー南竜ガ馬場ー室堂
と言うコース。
どこまで行けるか時間だけ決めて往復してみました。

まだ暗いうちに家を出て石徹白までの暗い道を安全運転で進みます。
今回、GPSとデジカメを持ち忘れてしまい、証拠となるものが一切ないのが残念です。

4:30 石徹白大杉出発
駐車場には車1台あって、車の中で男性が仮眠を取っていた。
邪魔しないように静かにスタートする。
天気は曇りでいつ雨が降ってもおかしくない感じである。

銚子が峰を過ぎたあたりから高山植物のお花畑状態が続く。
展望が開ければ気分もいいけれど、雲の中を黙々歩く。

三の峰まで来ると風も強くなり、かなり寒く感じられる。
上下ともカッパを着て行動開始。

8:45 南竜ガ馬場着
思ったより早く到着できた。
ここまで来るとようやく人にも出会え、孤独感から開放される。
時間も早いし室堂ー白山頂上をゲットしようと出発するもトンビ岩の直下の雪渓で危険を感じ敢え無くここで敗退を決意する。
軽量のトレランシューズでは、ここまでが限界か。
その後は、南竜の小屋でゆっくり時間を取って、しばらく休憩する。

9:15 南竜ガ馬場出発
来た道を黙々と歩く。
この時間だとこのコースでもちらほら人とすれ違う。
やはり人気の白山である。
二の峰付近では草刈がされていなくて、歩きづらく一気に疲れが襲ってくる。
それでも最後の1時間は勤めて走ってみた。

13:15 石徹白大杉着
疲れた。
けれど歩いた~って感じの充実感に満ちた。
トレラン的に言うと、昨年参加したOSJ志賀野反の登山道を思い出すような綺麗なコースです。
健脚自慢にはぜひともオススメしたいコースです。

このコース、山頂までの往復は充分可能だと考えられるけれど、今回成し遂げることができなかったのが非常に残念です。
次回は北縦走路を狙ってみようかなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。