スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

山行報告1日目 10月7日(金) 立山室堂~剣沢~真砂~池の平

朝、5時に富山の家を出発。
天気はよさげな雰囲気。
途中の道路上に現在気温「15℃」と表示されていた。
思ったより寒いのかな?

程なく立山駅に到着。
3連休前の平日だけあって、思ったより人はいない。
でもしっかり立山ケーブルに乗るときから人の列が出来ていた。
おかげで、始発のバスには乗れなかった。

そんな感じで、8時30分ごろ立山室堂に到着。
途中のバスの中、天気はすばらしいことが分かった。
雲ひとつないいい天気。
立山でこんなに天気がいいのは初めてではないだろうか?
あまりに珍しいことなので、何度も写真を撮りあってしまった。




天気がいいので、歩いていても気持ちがいい。
気温も暑くも寒くもなく、ちょうどいい。
お散歩気分で室堂からライチョウ沢を登りつめ、10時30分頃剣御前の小屋に到着。
ここではあまり休憩はせずにさっさと剣沢の小屋を目指す。

あっという間に剣沢の小屋に到着。
ここから先の雪渓の様子を小屋の人から説明を受ける。
ここで、剣岳をバックに記念撮影。
しっかり、剣岳の標高は新しいものになっている。。。




ここから先は2人とも行ったことがない。
この先、景色を楽しみながら歩くことにした。

しばらく沢を下っていくと雪渓を発見する。
・・・ん、待てよ!
これで、今年は日本3大雪渓を歩いたことになる。
針の木岳、白馬岳、そして、ここ剣沢である。
意識したわけではないけど、やっぱり今年もいっぱい山に登ったなぁと実感する。

こんなことを考えながら雪渓の隣の夏道を下っていく。
景色は文句なし。
よく雑誌で見るような景色が広がっていた。




さらに夏道を下っていくと巨大なスラブに出くわした。
沢登りとかはこんな感じのところを登るんだろうな。
若干滑りやすい岩を注意深く通過する。




スラブを通過して、しばらく行くと雪渓の上にようやく出た。
平蔵谷などを下から覗き込み、その迫力に圧倒される。




雪渓を下りきると真砂の小屋に到着。
ここまで道が悪く、ちょっと疲れてきた。
この先、河原を歩いて、仙人新道で一気に標高を稼ぐ。
このころになると天気も悪くなってきた。
さっきまで真っ青の空が見る見る雲が湧いてきた。
さらに、雨もパラパラと降ってきた。
目指す池の平までもう少しだからあせらずにゆっくり行く。

仙人峠に到着し、ここで荷物をデポ。
今日の目的地である池の平とは反対の仙人小屋を目指す。
ここは、小屋の隣の池に剣岳が映ることで有名。
正直、もう雲が湧いてきているので、あまり期待せずに行ったのだが、行ってみるとその景色に絶句。
こんな感じです。




ずーっと眺めていたいと正直思った。

ちょっと体を休めると寒くなってくるので、そそくさと仙人の小屋を後にした。
デポした荷物を拾って、池の平の小屋まで歩く。

程なくして、池の平の小屋に到着。
雨が本格的に降る前にテントを設営。
今回は4人用テントに2人だから、ちょ~余裕。
快適なテント生活を送ることができた。
テントは僕らを合わせて5張り。
他の人は写真を撮りにきた人ばかりであった。

夜のご飯はキムチ鍋。
キムチにコンソメを入れて、白菜、たまねぎ、豚肉をいれるシンプルな料理。
だけど、体が温まって、おいしくて、容器も汚れず、山には最高な食べ物である。

明日天気になぁれと祈って早めの就寝とした。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。