スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

杓子ヶ岳(経ヶ岳敗退)

今日は天気予報の晴天という予報を信じて大野側から経ヶ岳を目指しました。
経ヶ岳はスキージャム勝山がある報恩寺山の隣の山。
福井にある山の中では一番アルペンチックな山だと思う。
大野側からは六呂師高原から登ることになる。
今年の白山の紅葉ははずれという噂だが、本当かどうか確かめてみよう。

いつものように登山口到着は大幅に遅れて10時30分登り開始。
途中の看板には経ヶ岳山頂まで5時間と書いてある。
まぁ、いけるところまで行こう。

娘を背負ったのは久しぶり。
最後に背負ったのは確か夏の白山。
あれから1kgぐらいは重くなったらしい。
最近のコソトレのせいか、足が最初から張り気味。

約1時間で経ヶ岳途中にある保月山に到着。




ここら辺りは紅葉が最盛期なのだが、色づく前に落葉を迎えているような感じ。
やはり紅葉のはずれ説は本当のようだ。
そこから先に目をやると、雲が・・・。
とりあえず頑張るか。

保月山からのコースはとてもダイナミック。
稜線を歩くのだが、ちょっとした岩歩きあり、やせ尾根のおかげで隣の山の景色も近く見える。




保月山から30分ほどで、杓子ヶ岳に到着。




ここでもう完全に雲の中。
これ以上先に進んでも展望は望めないので、ここで引き返すことにした。
ちょっと体を休めるとどんどん寒くなってきた。
娘にも防寒具をたくさん着させた。







杓子ヶ岳でちょっと休んで直ぐに来た道を折り返した。
途中、赤く染まったヤマカエデを見た。




1時間30分ほどで車のある駐車場に到着。
思ったより足へのダメージが大。
今日は余裕があったらまた走ろうと思ったけど、休むことにした。

六呂師高原と言えば牛のいる牧場がある。
ちょっと覗いてみたら牛が道の脇に群れていた。
娘はあまりの大きさに「怖い~」って言っていた。
そんな娘を牛数頭がじ~っと見ていた。




ちょっと今回は敗退登山で寂しい思いをしました。
経ヶ岳は稜線歩きも味わえて本当にいい山だと思います。
次回はしっかり登れるようにしたいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。