スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

荒島岳山スキー

昨日の午前中に荒島岳に山スキーに行ってきました。

我が家を7時すぎに出発、勝原スキー場に8時過ぎに到着。
思いっきり冷えているかと思ったら、外気温は-7℃まで下がっていた。
さらに最近降雪はない。
嫌な予感はしていたが、案の定、雪は氷と化していた。

8:40 勝原スキー場駐車場発
もしかしたら上に行ったらパウダーがあるかもしれないと期待しつつ、車を出発。
ゲレンデの雪は、昨日のピステがはいったままの状態で凍っていた。
すでにシールの喰いつきは悪くなっていた。
ゲレンデ上部のちょっとした急斜面ではもはやシールでの斜面登りは困難になっていた。
何度かステップを刻み、ようやくゲレンデの上部に到着。
ゲレンデの上では、経ヶ岳が近くに見えた。




ゲレンデ上部からトレースを見ると、何人か山に入っていることが確認できたが、山スキーヤーは皆無であった。
そして途中の登りでは、氷の斜面ではシールの喰いつきはなくなっていた。
斜面で何度か体勢を堪えつつ、ちょっとずつ登るがかなりの時間を要していた。
・・・、よしスキーを脱ごう!
スキーを脱いで、スキーをザックに固定。
アイゼンを着用しようか迷ったが、兼用靴のままザクザク進む。

森の中はこんな感じ。




10:20 しゃくなげ平着
おそらくかなりのハイペースであったろう。
しゃくなげ平付近でようやく先行者に追いつく。
話をすると皆口々に雪がいまいちだと言っていた。
でも、アルパインスタイルの人はここから普通に荒島岳山頂を目指していた。
(登っている登山者が分かるでしょうか?)




ここから頂上までは厳しい斜面の登りが待っている。
また、ここまで着たけれど雪は相変わらず氷である。
頂上に行ってもパウダーはないし、滑りも楽しいものではないであろう。
ということで、ここから滑り降りることにした。
白山がきれいに見ることができた。




10:40 しゃくなげ平発
滑りは想像通り厳しいものであった。
おまけにこの斜面、ブナの疎林とは言えず、この雪質ではちょっと怖かった。
(スキー技術がまだ足りないということでしょうが・・・。)
だましだまし滑り降りる。
あまり楽しくない山スキーであった。

11:20 駐車場着
もうまともに滑れる状態ではない。
ゲレンデもこの時間でもまだ斜面は融けておらず、カリカリの斜面であった。
まぁ、無事に下山できたこと、これからの山スキー技術の足しにしようということで自分を納得させて、今日の山スキーを終了した。

家に帰ってスキーのワックスをかけようとスキーを見ると、いまだかつてないくらいのダメージを板が受けていた。
何が悪かったのか、ちょっとブルーになった一日であった。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。