スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

猿が馬場山

2月11日、親友であるA川君と2人で以前から予定していた厳冬期の猿が馬場山を山スキーで目指した。
この山は、合掌造りで有名な白川郷の荻町から入山し、南東にある標高1800mのピークがそれ。
ただし、夏道はなく、雪が積もっているときしか登れない。
(この情報は古く、ひょっとしたら夏道が完成しているかもしれない。)

5時に近くの道の駅で待ち合わせ、いざ行動開始。
天気は軽く雪が舞っている。
気温はそれほど寒くはないけれど、まぁまぁの山スキー日和。

6:20 荻町の八幡神社裏出発
雪は比較的軽い。
まだ暗い中、トレースがあることを祈りつつ出発。
・・・が深い雪に覆われた斜面には、くぼみの跡はなく、この先長いラッセルを強いられることとなる。

8:15 宮谷林道合流
靴上程度のラッセルで延々登ってきた。
雪が軽いことが救いか。

10:00 帰雲山付近通過
途中のブナの疎林は見事の一言。
帰りのことを考えるとわくわくするような斜面である。
また、針葉樹のモンスターも見事である。
時折晴れ間が見え、しばし感動する。




11:20 猿が馬場山山頂着
登りの力がなくなってきて、だいぶラッセルのスピードはなくなってきた。
だが、根性でようやくたどり着いた。
山頂でA川君を写真をパチリ。




山頂で、しばし休憩する。
休憩中、こんな写真が撮れました。




この先、籾糠山に行くかどうか迷ったが、疲労度を考慮して今回は見送ることにした。

12:00 猿が馬場山山頂発
雪質はウィンドクラストの雪の上に新雪が5cmほど積もった状態。
滑りとしてはちょっといやらしい。
この辺り、平坦部が多く、滑りとしてはそれほど楽しめなかったなぁ。

12:20 帰雲山
この辺りからの斜面はすばらしい。
A川君のテレマークの滑りをパチリ。




こんなパウダーではやはりテレマークはかっこいい。
そして、僕らのシュプール。




鞍部を過ぎてからのブナの疎林がこのコースの核心部。
浮遊感と森の中で自分がいることで、自己陶酔に陥る。
そして、またブナの森を滑るA川君。




うーん、いい絵だ。

林道を過ぎてからは、雪質は一気に変わって、湿雪の深雪。
もう曲がることも困難なほど。

15:00 荻町の八幡神社裏着
足腰がふらふらになりながら、ゆっくり下りてきた。
町の中はすでに雨。
こんな天気では雪質は無理もないが、やはり今回も深い感動と喜びを与えてくれた。
この山は今まで行った山スキーの山では一番好きな山である。
また、厳冬期に行きたいなぁ。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。