スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

栂池~白馬乗鞍ツアー(3月5日 日曜日)

藤原さんのバックカントリー仲間と一緒、総勢10名で、このツアーに連れて行ってもらった。

過去、何度もこの辺りのスキー場には来たことがあるけれど、バックカントリーで入るのは初めて。
地元の人に連れて行ってもらうのが確実だと、かなり他力本願な感じで参加させてもらった。

8:00 白馬駅の近くのコンビニ
ここで、皆と待ち合わせ。簡単な挨拶の後、早速、栂池スキー場に移動する。

9:00 栂池スキー場
各々、栂池スキー場に移動して、再びゴンドラ乗り場に集合。
やっとここで、みんながどんな乗り物で来るのか理解できた。
アルペンスキー、山スキー、テレマークスキー、ボード、本当にいろいろだ。

ゴンドラで一番上まで行き、そこからもう一本、リフトを乗る。
今日もすばらしい天気。
周りの地形もばっちり分かる。
でもちょっと気温が高そうなのが気になるところ。

リフトを降りて、西にある林道へ移動。
ここからが登り。
林道をしばらく伝い、北にあるヒヨドリ尾根のコルを目指す。
30分ほどで尾根上に出る。

今回はこの尾根の北面を滑るのが目的だ。
どこからドロップするか皆で検討する。




斜面を見るとすでにシュプールがあり、先行者がいる模様。
雪崩の心配と雪庇の状況を見極めつつ、どこからシュートするか検討する。
結局、皆は思い思いのところからドロップする。
ボードチームはさらに東側のバナナシュートなる沢を目指し、移動を開始する。
僕らは一番簡単そうなところから入る。
他のスキーチームはもう一つ隣のコルから日陰のパウダーをもらう。

最初に入ったのは僕。
日当りがいいのに、滑るには十分の膝パウダー。
早速、無線でこの状況を皆に伝える。




他の人も入ってきたけれど、日陰部分はクラストしており、結構厄介そう。
結局、日当りのいい僕が入ったところが一番いいみたい。ラッキー!
みんな気持ちよくターンを決めている。




バナナシュートと呼ばれる沢を目指したボードチームがドロップポイントに到着すると、すでに10人ほどの人がドロップの順番待ちをしていたそうで、諦めて引き返してきた。
ということで、もう少し時間がありそうなので、登り返して再びパウダーを滑る。
いやぁ、気持ちいい。




全員集合して、ちょっと休憩。
その後、100mほど下り、ここから登り返し。




約1時間ほどで、白馬乗鞍スキー場へ通じる尾根に到着。
そして、また沢へ皆でドロップ。
ここがデブリの巣であった。
湿雪の表層雪崩があちこちで発生する。
今まで多人数で入ったことがなかったので、これほど雪崩を目の辺りにして正直ビビッテしまった。
雪崩を出さないようにトラバース気味いくと、これまた雪崩発生。
足元で一気に雪が崩れて、雪が走っていく。
下に人がいなくて良かったとほっとする。
改めて雪崩の知識と経験がないことを感じる。

このデブリの沢を一気に抜けて、堰堤を2箇所をクリアーするとまもなく白馬乗鞍スキー場に到着。
みんな無事で何よりです。

ゲレンデを滑って車のある場所へ移動。
ゲレンデでカービングターンをすると、いとも簡単にギュンギュン曲がる。
曲がるのってこんなに簡単だっけ???
最後の方は悪雪だったので、ゲレンデで曲がるのが簡単に感じてしまう。

後は事前にデボしてあった車で、みんなの車がある栂池スキー場へ移動して、今回のスキーツアーを終了した。

それにしても、今回のツアーを主催してくれたH瀬さんには感謝感謝です。
無線の重要性、雪崩の危険性・・・などなど、いろいろ体験できました。
お世話になり、ありがとうございました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。