スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

文殊山 標高365m

今日は、娘の誕生日。
めでたく3歳になりました。
ハッピバースデー ツー ユー♪ ハッピバースデー ツー ユー♪ 
と祝ってあげようと、記念登山に行ってきました。

今回は娘が下から自分で歩いていけるような山を探していると・・・。
ありました。
福井と鯖江の市境にある山、「文殊山」です。
この山、標高は低いので、お手軽登山として両市民の人気の山です。
コースはいろいろあるけれど、一番歩く時間が短いと思われるコースを選択。

12:00 登山口
ちょっと強引に車で山道を進入できたおかげで、かなり奥まで車で入る事ができた。
時間が遅いけれど、頂上でお昼を食べれるように頑張ろう!
登山口でパチリ。




道はちょっとぬかるんでいて、娘は歩きにくそうだ。
一緒に手を繋いで一生懸命に歩く娘。
がんばれ!って声をかけながら、歩き出す。

沢沿いの道を抜けると、快適な道へと変わった。




途中、ジュースを飲んだりして、ようやく稜線へ出る。
稜線に出ると冷たい風が強く吹いていた。

13:10 展望台
稜線をしばらく歩くと、大きな展望台があり、そこから福井、鯖江の両市が一望できた。
娘も自分で歩いてきたせいか、今まで以上に食いついて景色を堪能していた。




ここで、お腹が限界。
お昼を食べる事にする。
お腹が空いているので、食欲も進む。

お昼を食べたらまた出発。
っと思ったら、すぐに頂上に到着。

13:30 頂上着
頂上は風がますます強く、ちょっと寒くなってきた。
娘もお昼を食べて、眠くなってきたのか機嫌が悪くなってきた。




すぐに頂上を後にする。
下りは楽チン。
足を前に出すだけで一気に進むので、ちょっと小走りぎみに進む。
それが面白いのか、駆け下りる感じでがんがん進む。
全工程のちょうど中間地点で、足を滑らせて前のめりに転倒。
山中で大泣きしてしまった。
仕方がないので、抱っこして下山。
すると・・・、いつの間にか寝息が・・・。
自分でお山に登って疲れたのか、その後、車に乗って家に帰るまでぐっすり。

もうちょっとで自力で登って下りれたのに、おしかったね。
でも、自力で山を登れるまでに成長した娘にちょっと感動。
ちょっとずつたくましく成長して、いつか家族で北アルプス縦走したいね。
今年の夏はどこに行こうかね?お誕生日おめでとう!
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。