スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

日照岳 山スキー

これだけの暖冬なので、山スキーへの行き先を熟考した結果、御母衣方面は多いだろうという推測のもと、日照岳へ行ってきた。

7:30 国道発
妻の実家からここまで約1時間のドライブ。
気温はぐっと冷えている。
国道脇の駐車スペースに到着すると、すでに1台の車が。
そして、登るポイントにも1本のトレースがある。
このトレースをありがたく利用させてもらう。




雪の深さは膝下程度。
雪も軽くガンガン飛ばす。

8:30 1160mピーク着
登り始め、ほとんど藪は埋まっていて快適な登りとなった。
この調子なら下りは最高の滑りが約束される・・・。
と予想するが、急斜面では藪が濃くなる。
先行者トレースも結構難儀している様子が伺える。




9:40 1530mピーク着
途中標高1300m付近で先行者のテレマーカーを捕らえる。
丁重にお礼を言って、ラッセルを交代する。
ガンガンラッセルにあっという間に先程の先行者を引き離してしまった。
しかし、いかんせん藪は濃く、これ以上先へ行っても滑りは楽しくなさそうなので、ここで引き返すことにした。
先行者は頂上まで行くと言う事で、僕を追い越して先へ行ってしまった。
一応、ここでゾンデ棒により積雪を計ってみると、ちょうど1mであった。

10:00 1530mピーク発
シールをはがし、気をつけて滑るが自分の身を羽交い絞めしてくる藪にまるでまともに滑れない。
おまけに、藪を回避しているうちに違う沢へ入り込んでいるし・・・。
結局登りのトレースを見つけ、1250m付近から車を止めたポイントへと通じる沢へドロップ。
この沢は、雪の少ない今の時期にしては大当たり。
途中、岩や水が流れている箇所があって嫌らしいけれど、何を言っても藪よりマシ。
どこも雪が少なくてまともに滑れないという巷の声の中、この沢は結構まともにパウダーを楽しめます。




11:00 国道着
この辺り、あと2倍ほど積雪が欲しいところ。
いつになったらまともにパウダーを滑らせてくれるのかなぁ。

初めて行った日照岳。
この積雪ではまともな評価はできませんが、通常の積雪があればいい山スキーの標的になる山だと思います。
ただ、登るにはちょっと斜度がきつく、初心者には登るにも下るにもきついかもしれません。
さらに今日のこの藪ではテレマーカーや初心者はやめたほうがいいと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。