スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰雲山 山スキー

昨日、合掌造り集落がある白川郷にある山、帰雲山へ行ってきました。
最近暖かい日が続いた後、土曜日辺りから降雪があったので、それなりの雪崩の危険がありそうだなぁ~と思い、比較的雪崩の危険が少なそうなこの山を選択したのでした。

3:30 家出発
いつものように、眠い目をこすり、何とか起床。
ETCの通勤割引を利用するため、高速のSAで白川郷から100km地点を調べると小松インターがそれにあたることを知り、早速実行に。
途中、金沢では猛烈な雨に遭う。

6:50 白川村荻町神社裏 出発
先週のがおろピーク山スキーの際、この近辺に来たけれど、信じられないくらい雪が少ない。はぁ~。
荻町裏の神社まで車を入れると、1台車があり、そのドライバーも山スキーの準備をしていた。
僕が準備をしていると、その人は出発していった。
その後、もう1台車が来る。

先行者のトレースを追いかける。
雪は、もはやぎりぎり付いている箇所もあり、帰りの滑りはちょっと危険。

30分ほど登っていると、先行者に追いつき、ラッセルを交代する。
ラッセルの深さは足首程度。
新雪の下にはアイスバーンの雪があり、ちょっと斜面が急だと表層雪崩の恐れがありそう。
雪が終始降り続いていた。

8:20 上部林道着
ちょっと疲れたけれど、がんがん行こう!
ちなみに林道の様子はこんな感じ。




目指す帰雲山が見える。




10:00 帰雲山着
途中のブナ林はこんな雪でもやはりすばらしく、歩いていても気持ちがいい。
ちなみに頂上はこんな感じ。




10:10 帰雲山発
帰雲山で、シールをはがし滑る準備をし、早速滑走開始。
下の波打ったアイスバーンで、滑るのはかなり難しい。
それでも転ばないで、滑る。
林道より下部はアイスバーンのところがザラメになり、さらに滑るのが難しい。
それでも藪は殆ど隠れていて、それほど気にならなかった。

11:00 神社裏着
もうここら辺でもパウダーシーズンは終わりかも。
寂しい気分で岐路に着く。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。