スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

西穂高~奥穂高~北穂高~南岳(8月11、12日)

以前から職場の人とこのルートに行きたいと言っていたけれど、なかなか相手の人たちが首を縦に振ってくれなかった。
なぜならば、一般ルート最難関ルートであり、毎年何人かが亡くなっているからであった。
でも、僕の説得によりようやく重い腰を上げてくれ、実現することとなった。
僕自身はこのルートは2回目。
天気もよく最高でした。

8月11日
6時の新穂高ロープウェイの始発に間に合うように深夜2時に福井を出発。
新穂高の無料の駐車場はすでに満車で、仕方なく車は有料駐車場へ。
新穂高ロープウェイは意外と空いていた。
今日は穂高山荘までの長い行程。
なので先を急ぐ。

西穂高山荘のキャンプ場では小さい子がキャンプをしていた。
今度娘とここに来ても面白いかもしれない。




西穂独標では思ったより人が少なく感じる。
みんなの注目を受けこの先を目指す。




西穂頂上です。
まだまだ余裕です。




これが有名な逆スラブ。
でもしっかりとマーキング、鎖が設けられていて比較的安全に通過できます。




天気がいいのでジャンダルムの頂上も踏みます。
頂上から下を覗き込むと、あまりの高度感にびっくりしました。




そしてこれが馬の背です。
夕立に逢うとかなり恐ろしそうだけど、今日は安全に通過です。




そして、今日の宿泊地である穂高山荘に到着です。
この先、北穂高山荘まで行こうか迷ったけど、みんなの疲労度を考慮して今日はここで休みます。
もちろん、今回もテント泊です。
そして今日の食事もキムチ鍋。
最後はおじやの卵とじで周りの注目を浴びまくっていました。

8月12日
3時30分に起床。
夜は風が強く、テントが風であおられていました。
さて、今日は南岳まで行き、そこから長い林道歩きで車まで戻る計画です。
南岳までは難所のキレットがあり、注意が必要です。

朝食は卵かけご飯にお味噌汁。
エネルギーは十分です。

ご来光はばっちりでした。




北穂高へは涸沢岳を経由します。
涸沢岳からの下りはかなり緊張です。
浮石だらけで、落石を起こさないように慎重に歩を進めます。




北穂高の小屋へ着きました。
この小屋のロケーションの良さはもしかしてこのあたりの山小屋で一番かもしれません。
周囲360度ぐるりと見渡せます。
一度この小屋に泊まってみてもいいかもしれません。

次は問題のキレット。
と言っても浮石に注意するだけで、思ったより大丈夫でした。

長谷川ピークを通過中、この先の南岳の方を見ると登山道に大量の人が。
もしかしたら集団かも・・・。
と思ってこの集団とすれ違ったら、言葉が違う。
なんと韓国人でした。
しかもその数は40人ほどいたと思います。
彼らは道を譲ったり、梯子は1人ずつ利用するとかのルールを守らず、どんどん突っ込んできます。
もうすれ違った他の人も開いた口がふさがりませんでした。
あの集団でキレット越えをするなんて、無茶苦茶です。

南岳の小屋で軽く休みをとり、急な南岳新道を下ります。

その後、槍平の小屋でラーメンを食べ、長い林道を歩いて新穂高へ到着しました。

まぁ、みんな無事で帰ってこれたこと、天気が最高に良かったことが今回の山の最高の思い出になりました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。