スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

帰雲山へ

山スキーも一台完成したし、雪も降ったし、そろそろ山スキーへ行こう!
と、言うことで妻と二人で山スキーへ行ってきた。
基本的にパウダー大好きな二人なので、比較的近くでパウダーが味わえる場所・・・。
猿ガ馬場方向へ行くことにした。

まだ暗いうちから山スキーの準備をする。
荻町駐車場からの出発は朝6時。




外気温は-3度。
でも雪は思ったより多くない。
いつもの神社裏からヘッデンをつけてスタートする。

先へ進むとかなりはっきりしたスキーのトレースがある。
これをありがたく利用させてもらう。
でもこれが今日、この先に人がいるのか、それとも昨日のものか分からない。

2時間かからずに上部林道へ到着。
ここで、小休止。

先へ進むとトレースは急な尾根を登っている。
ここでトレースを外れてラッセルに入る。
ラッセルは深いところで膝までいく、深いラッセル。
これは帰りはパウダーを楽しめそうだ。

天気はよくなり、向こうに三方岩岳などの山々が見える。




車から約4時間で帰雲山へ到着した。
この時期としてはまずまずのペースであった。
ここで記念写真を撮ったり、食料などを食べる。




この先の猿が馬場も樹氷がきれいで、斜面も美味しそうだけどここで引き返すことにする。
どうやら昨日のトレースの主も帰雲で引き返したようだ。
さてお待ちかねの滑りである。




お互い取り合いながら滑る。







下部に行くにつれて雪が重たく、さらに藪もうるさく、滑りにくくなる。

頂上から一時間ほどで車に到着。
やっぱりこの山は楽しいわ。
パウダーを存分に楽しみました。

この近くにある御母衣周辺の山、日照やがおろなどはこの分だと藪がうるさく危ないかもしれませんね。
もうちょっと雪が欲しいところ。
このままじゃ、去年の二の舞になりそうである。
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。