スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

高落葉山 山スキー

今週末は旦那様が東京へ遠征の為、わたくしどもは富山の実家で過ごすことに。

実家の都合次第ですが、あわよくば山へいきたいな~子供達もスキーに連れてゆきたいな~と思いまして、あとれーに大荷物を詰め込み実家へ!

土曜、日曜と天気は良さそうなものの、子供達ふたり揃って鼻うどんが出てきたり...
ゴホンと痰の絡むような咳が出てきたりと、スキーはお母さんだけにしときましょうね。

4才の娘はすべて分かってまして、
「おかあさんおやまにいってるときは、わたしりょーごとおばあちゃんちでおるすばんしてるね~」
「おやまからおりてきたらしんぱいするかられんらくしてね~」
「なだれあぶないからね~」
よくできた子です...

実家は南砺市(旧城端町)何処に山スキーに行くにも最適なトコです。
土曜朝のんびりしすぎて、家をでたのが7:30過ぎ。
なので、すぐ裏の高落葉山~大滝山~高清水山のブナ林を巡ることに。
10分で登り口、R304の五箇山トンネル入口に到着!近すぎやね~


 ←目指す山域

犬連れの男性山スキーが1名登られて行きました。
30程後に私も出発。8:15

高落葉山、高清水山は積雪期に行くのは初めてです。
春夏秋は何回も行きましたが登山道から見るブナも見事でしたから、期待大ですね。


数日前の雪が残ってますね。
唐木峠からは高落葉山に続く尾根取り付きます。
尾根の取り付き辺り、振り返ると散居村が。


 ←実家もこの中

750m辺りで先行者に追いつきました。
ラッセルは足首程度でしたが、私が先行すると途端に30~40cm脛辺りまで。
さらな雪面に自分のトレースを刻むのは気持ちいいですね。

ブナも徐々に現れて900m辺りからは見事なブナ林となりました!
陰となり、パウダーの期待も出てきましたよ~





 ←快適な尾根

右側に山頂が見えてきました。
楽してトラバース気味に行こうとしたら、雪の状態が悪く、やっぱり素直に稜線へ。
高落葉山(たかおちばやま)1122m着きました。10:15


 ←積雪期初でニッコリやわ


 ←わんことおじさんも着

ラッセルのお礼にと、ホットコーヒーをいただきました。
わんこが私のロールケーキを目当てに隣でじーーーーーーっと見つめるもので。
遊んでついつい長い休憩となりました。11:00大滝山~高清水山へ向います。

1080mの三角点が大滝山かな。高落葉山から少し下り、小さなアップダウンがあります。
ブナの巨木が次々とあらわれ魅入ってしまいます。
2~3mは積雪がありますから、実際はもっと太い幹なんでしょうね~




と、日も当たりますます酷くなるシールのダンゴと格闘していましたが、
高清水山までまだまだ先だし、これまでの景色でかなり満足となり、あっさり下山を決定。
お楽しみブナ林の滑走!!!




いや~最高な斜面と雪ですね~
パフパフではありませんが、重パウダーといった感じです。
下部はさすがに酷い雪でしたが、まあ仕方ないですね。
12:15着

4時間と短時間でしたが、楽しかったです。
旦那様にもお奨めしておきました。
何より、実家の裏山にこんなよいとこが在るんですからね!
(嫁記)
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。