スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遥かなる槍ヶ岳へ

下界はすっかり春。
山スキーもパウダーからツアーへと変わる時期です。
今週末はうまいこと休みとなり、天気予報もいい感じなのでビッグルートにチャレンジしてきました。
題して槍ヶ岳日帰りツアーです。

0:00 自宅発
4時間ほど寝れたので、睡眠は多分大丈夫だろう。
家から外へ出ると星空がきれいに見える。
今日はいい天気になりそうだ。

4:00 新穂高出発
結構飛ばしたけれど、やっぱりこんな時間になってしまいます。
有料の駐車場へ車を止めると、駐車場には車が1台。
先行者と思われる人がいるのは心強い。
ヘッデンを点けて歩き出す。

6:00 白出沢
今回は長いルートゆえにいつものように追い込んだりはせずゆっくり歩くのを意識する。
白出沢まで着いていたトレースが急斜面を登っている。
下の河原がデブリが酷くて迂回しているのだろうとせっせと急斜面を登る。
登っても登ってもトレースは一向に槍の方角を目指さず、蒲田富士の方向を目指しているような気がしてきた。
200mは登ったところで、そそくさと登ってきた斜面を下る。
ここで40分ほどロスか。
下りた後は河原目指して歩くと、赤布が点々と発見できた。

白出沢から上を見上げるとこんな感じ。
恐ろしいや~。




8:30 槍平着
途中のチビ谷はデブリの巣と聞いていたけれど、ここ数日の降雪で、デブリの跡はあまり見られなかった。
滝谷通過中・・・、あーーー、ハイドレーションの口がない!
途中の藪かなんかでハイドレーションの口が取れてしまい、中の飲み物がどっと出た見たい。
ためしに少し飲んでみると、、、まだ水はあった。

槍平に着くと、天気はすこぶるよく気分も高まってくる。




心配の種のザックの中の水を確認してみると、空っぽ。
がっくし。水なしではこれ以上進めません。
ということで、時間は早いけれど今日の行動はこれにて終了。
あとは元来た道をスキーであっという間に滑る下りるのでした。

それにしてもこのコースは素晴らしいコースです。
スケールの大きさに自分がちっぽけに感じてしまいます。
今日の感じなら山スキーを使えば槍日帰りも難しいことはなさそうな気が。
次回はぜひ槍の頂に立ちたいものです。




今回は初歩的なミスで残念な結果になってしまいました。
ハイドレーションの口って、取れにくい方法ってないものでしょうかねぇ?
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。