スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

今年一年を振り返って

今年を締めくくる大晦日がやってきました。

思い通りに大掃除など進まないまま、この日を迎えてしまい、まだ掃除などが手付かずな部分があり、このまま年を越してしまいそうです。

さて、今年一年自分自身はランナーの端くれとしてどうだろうと振り返ってみました。

今年の年間走行距離は2950km。
思ったより走ってないです。
最後の2ヶ月はかなり走ったはずなので、暑い時期に結構サボっていたんだろうなと思います。

大会では、初めてハセツネを走りました。
想像以上に自分の体が出来ていなくて情けなかったですが、レースは楽しかったです。
来年も少し無理をしてでも出場したいです。

このハセツネが僕の魂に火をつけたのは間違いないです。
今までの練習のパターンをすべて変更して、今はいろいろ試しています。
これがどのように結果として表れるか、今から楽しみです。

さて、今は結構な寒波が来ていて、外では風や雪が容赦なく降ってます。
今日は走れなかったけれど、明日は走るつもり。
元旦に思いっきり走って、いい一年にしたいものです。
スポンサーサイト

初めての整骨院

京都東山の大会が終わってから、全く足の痛みが取れず、まともに歩くのも痛みが伴います。
具体的には左足の甲側の人差し指と中指の指の根元の辺り。
見るとボッコリ腫れています。

と言うことで病院に行こうと思うと、いつもは近所の整形外科に行きます。
でも今回は師匠の行きつけの整骨院に行ってみました。
その整骨院は、県内の全国大会クラスの高校生なども来るし、詳しく症状やテーピングなども教えてくれるしと勧められていました。

医院に入り、どういった状況でこの痛みになったのかの説明をし、足を見せて、筋をいろいろ触られると・・・。
原因は
「トレランシューズの場合、ソールが硬い靴を履くと、足のアーチがランニングで下がったときに筋に無理がかかる場合がある。今回の場合は、大会当日に自分の靴ではないもので走るなんて言うことは、まずしてはいけないこと」
と言うことでした。

その対処として、少しマッサージをして、電気を通して、足裏にアーチを保護するテーピングを処方してもらいました。
なんと、それをしてもらうだけで歩いても痛みが出なくなりました。
すごい!

と言っても痛みがなくなるまで走ることはやめるように言われましたが。

それにしてもいつものように整形外科に行っていたら・・・と思うと、この医院かなりお勧めです。
またまた師匠に感謝です。

京都東山36峰マウンテンマラソン

4年ぶりに京都東山36峰マウンテンマラソンに参加してきました。

昔は本当にこじんまりとしていたこの大会。
しかし、今年はトレランブームの到来の象徴とともに、初めて定員オーバーとなったそうな。
すごいブームですな。

さて、この大会のプログラムに、ノースの商品のモニター募集という広告が載っていました。
それで、少し朝早くに家を出て、商品をゲットすべく、京都目指したのでありました。

大津のパーキングで車を置いて、電車で京都入り。
会場に到着するとほとんど一番乗り状態。
そのまま、ノースのブースに並んで小一時間。
ようやくアナウンスがされると
「商品の貸し出しについては・・・」
並んでいたみんなは「はぁ~?」って言う顔。
だってモニターと言えば商品を使って使って使い倒す代わりに商品使用についての貴重な感想を言うもの。
だから並んでいる人のほとんどは商品をもらえるんだと思っていたはず。
僕もその一人なんだけど。
そんな事言っても主張は覆らないので、僕はトレランシューズを借りて走ることにしました。

さて、時間が余りすぎてどうしようもないので、とりあえず歩いたりして時間を潰します。
そんな感じでようやくスタートです。

P1040731.jpg

スタート前には鏑木さんや相馬さんが紹介され、会場は盛り上がりを見せました。

さて、スタートします。
実は先月からかなり走りこんでいたので体は結構動きます。
けれど、スタートしてすぐの池を回っているときに、借りてきたトレランシューズが気になります。
小さな小石を踏んだだけで足にその感触が伝わってくるのです。
それでも、走っているとかなり前の集団で走っているのがわかります。

この大会、走れるトレイルが多いので非常に僕は好きです。
案の定、少し急な登りでも頑張って走りとおします。

10kmを過ぎたとき、突然左足が着地するたびに激痛が走ります。
しかもかなり痛い。
ここからはゴールまで足を引きずるような感じでしか前に進めなくなりました。
それでも、登りは足の衝撃が少ないのでいいのですが、下りは歩くようなペース。
おまけにトレランシューズが硬いせいか、岩場ではかなり滑り、後半はゴボウ抜かれ。

結局何度もリタイヤを考えたけれど、根性でゴールしました。
結果は3時間4分。

トップは相馬さんで2時間14分。

タラレバの話だけど、足のトラブルがなかったらどのぐらいのタイムが出たんだろう?
大会前にシューズを借りずに自分のシューズで走ったらどうだったのだろう?
といろいろ考えてしまいます。

それにしても4年前に出たときは3時間10分ほどで、そのときはそのタイムでも自分では速いと喜んでいたけれど、今年は前回のタイムを上回っているけれど、とても残念なタイムに感じます。
そういう訳で、結果は伴わなかったけれど、自分としては成長を感じることができた大会です。

それにしてもこの大会、本当に楽しいトレイルで、お勧めです。
プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
11 | 2009/12 | 01
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。