スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

通勤ラン

昨日、消防学校まで通勤ランをしてみました。

いつもの勤務体制だと消防署までの通勤ランすると、朝の通勤ランでその日は終わり。
訓練、災害には役に立たない・・・なんてことになるので、まずすることはありません。
でも今は入校中。
ちょっと遠くて寒いけれど、思い出作りに行くことにしました。

寒さは走り出して5分ほどで気にならなくなります。
それより怖いのが車。
新聞配達の人より早く起きて走っているので、トラックとかが後ろから突っ込んでこないかと常に後ろに気を張ってました。

想像通りの時間で無事消防学校まで到着。
なんか得した気分になりました。
この後、月に1回ほどマラソン大会が控えているにも関わらず走行距離が伸びていってないので、週1ぐらいでやっていきたいですね。
スポンサーサイト

携帯電話

携帯電話を新しくしました。
今まで使っていた携帯が固まりまくり、最後には電話に出たくても出れない状態に。

それで散々悩んだ挙句、ドコモの防水携帯に決定!
1年8ヶ月使用した携帯電話にはない新しい機能が満載で、まだまともに使えません。
世の中の進歩をひしひしと感じる瞬間でした。

長い間使えるように大事に使わないといけません。

今日から

今まで、仕事上不規則な休みで、平日休みやら、お正月仕事やらいろいろありました。

でも、今日からしばらくの間、カレンダー通りの仕事になります。
と言うのも、明日から学校通いになります。
勉強して合格!と言うわけではなく、救急の勉強をするために県の消防学校で勉強することになりました。
しばらく学生という身分になって、災害現場には行かなくていいので、気分的には楽になりました。
住民の信頼にこたえられるように救急の勉強をがんばります。

ゲレンデスキー

今日は、職場の友達達とスキージャム勝山へ行ってきました。

朝、子供たちを保育園に送ってからいそいそとスキーの用意。
そして、みんなと落ち合い滑り始めは11時ごろ。

昨日は福井県では雨がふったようで、雪質は春スキー状態。
それでも一番上は風が強く寒かったです。
平日なので、人もいなく、気持ちよくかっとばしました。

パークを滑る友達。




ジャムの上から経ガ岳を望む。
まだまだ雪は少ないです。




黙々とスキーの練習をして、3時ごろ上がりました。
いい練習になりました。

ちょっと散歩です~

仕事が休みでしたが、家事やらまとめてするとあっという間に時間が経つものです…
当初ジャム勝で滑ろうとも思いましたが、朝から予想以上の降雪で私の軽車では少々心配。
吹雪の中独りで滑るのもね~(これは大した事ではないけどね)

実滑走時間も少なくなりそうなのでそこはやめて、細い板テレでさくっと歩いてきた。

刈安山方面へ。



蕎麦やは見当たらず…


 
工事車両の後が僅かに。
  


伐採中~機械って凄いですね~



私ですけど…

ゆっくりと1時間程、多分5kmくらいかな。
静かな時間でした。
ガンガン滑らずともこんなスキーも良いものやね。

(嫁記)

勝山で山スキー遭難

以下ニュース
************************************************
勝山で山スキーの男性が遭難 5時間後に無事救出
勝山で山スキーの男性が遭難 5時間後に無事救出 15日朝、勝山市の雪山で、スキーをしていた男性から「雪が激しくなり、戻れなくなった」と携帯電話で110番通報がありました。男性は、およそ5時間後に無事救助されました。
けさ7時15分ごろ、石川との県境に当たる勝山市北谷町の護摩堂峠の沢で、スキーをしていた男性から携帯電話で救助を求める110番通報がありました。男性は、福井市御幸の洋服店経営、佐○○○さん46歳で、通報からおよそ5時間後、警察や地元山岳会でつくる捜索隊により救助されました。
佐○さんは今も、病院で手当てを受けていますが、意識などははっきりしているということ。
14日に1人で現場に入り山スキーをしていましたが、夕方から雪が激しくなり、戻れなくなったということです。
************************************************

勝山の北谷地区は先週末からの降雪でそれなりに雪が積もり、藪もなくなっていそうな気がしてました。
想像ですが、沢に入って沢が割れていたとかかなぁ。

それにしても今日は気温は低かったけれど、比較的天気もよくヘリも飛べたし無事で何よりです。
単独行中心の僕としては気を引き締めないといけませんな。

雪中テント泊 激パウダー 野伏ヶ岳

1月の3連休後半に山スキーへ泊りで出かけてきました。

メンバーは、fトラック社のH本さん、友人A川君、そして妻と僕。
H本さんA川君はテレマーク。
僕は今シーズン山スキーの初山行。
先週のゲレンデスキーでぼろぼろだったので、少し不安を抱えながら出かけました。

11日の朝まで僕は仕事だったので、仕事を終えて急いで準備。
そして子供達を富山の実家に預けて、東海北陸道を石徹白方面へ車を走らせます。
途中の御母衣ダム付近でも積雪は少なく、山へ入るのは危険な感じがします。
石徹白の除雪終了地点へ到着。
H本さん、A川君は、朝一から山へ入っていて、テントも設営しているとのこと。
助かります。

駐車場には僕ら以外に5台の車が。
やはり人気のルートですね。

13:20 石徹白出発
急いで準備をして、いざ出発。
今日はテントが設営されている和田山牧場までの予定です。
トレースを利用させてもらい、ずんずん進んでいきます。
雪の深さは靴程度。
雪は軽いけれど、山の中の藪はまだ多いです。
途中、2人パーティーと7人パーティーにすれ違い、少しお話をしました。

14:40 和田山牧場 テント設営地到着




テントに到着するも、山へ滑りに行ったのか誰もいない。
テントに雪が少しずつ着いているので雪を払っていると、野伏ヶ岳を滑ってきた2人と合流。
再開の話を少しして、和田山牧場の南端にあるピークを登って一本滑る。
藪が気になるけれど、ものすごいパウダー。
気持ちがいい。
あっという間に滑り降り、後はテントに入り、宴会開始。
A川君が用意してくれたキムチ鍋。
おいしくいただきました。
テレマークの熱い語りに、テントの中もヒートアップ。
夜遅くまで語り合いました。

朝、明るくなって起床。
ゆっくり準備をして外へ出ると、当たり前だけど寒い、寒い。
テントも少し雪に埋まったようです。




この時点でテント前の積雪を計ると140cm。
まだまだ少ないです。

9:00 和田山牧場 テント出発
昨日、野伏ヶ岳へ行ったと言うけれど、トレースは降雪で全くなし。
今日はオールラッセルです。
ルートはダイレクト尾根と呼ばれる野伏ヶ岳から南東に伸びる尾根を登ります。
テント前を出発するまでは天気がよく、野伏ヶ岳の頂上も見えたのだけど、歩き出すと天気も悪くなってきた。
風・雪共に強く、視界もない。
だけど、雪はものすごく軽いのでラッセルも楽チン。
ラッセルの深さは深いところで膝程度。




11:15 野伏ヶ岳頂上到着
思ったより時間がかからず頂上到着。
寒いし視界もないので、みんな黙々と滑降準備に入ります。
途中耐風体勢を取りながらの準備です。
さて、滑降開始。
滑降は、登りとは別の北東に伸びる尾根を滑ります。
ところが、数メートル先にあるはずの樹木の1本も見えないホワイトアウト。
この状況に4人とも全く動けず、取り合えず待つことに。
数分待っているとうっすらと樹木がみえたので、少しずつ移動。
北東尾根まで来るとだんだん視界が良くなってきた。
雪崩に気をつけ、ゆっくり滑降します。
やばい、最高~。
自分によってしまいます。
他の人の滑りを見ると、最初の1ターン目で、腰まで埋まり、2ターン目で全身雪まみれで、雪の塊が下方向に向かっている状態。
すばらしい条件!
みんなの滑りを撮影します。

テレマークのH本さん。



テレマークのA川君。



山スキーの妻。



どれもカメラのファインダーに人が入れば絵になります。
それでも慎重に行動しているため、登りと同じ時間をかけて和田山牧場西端まで到着。
ここから、テントまでたどり着き、急いで撤収。
和田山牧場を跡にして、下りラッセル編制を組んで林道を攻略。

16:00 石徹白駐車場着
車の上には70cmほどの雪が積もっていて、脱出に少し難儀しました。




帰りは車のスリップ渋滞やらスキー客の帰省渋滞やら雪による速度規制やらで時間がかかりましたが、無事家に到着。
本当に楽しかったツアーでした。

H本さん、A川君、またよろしくお願いします。

平成30年 福井国体

ようやく、福井県知事が国体2巡目となる福井国体の誘致を発表しました。

以下記事

知事が国体誘致表明 18年 50年ぶり2巡目開催へ 1月6日午前8時00分

 西川知事は5日、県庁で年頭記者会見を行い、2018(平成30)年に順番が回ってくる2巡目福井国体について「厳しい財政状況など課題はあるが、県として誘致をしたい」とし、初めて誘致を表明した。1968(昭和43)年の1巡目国体以来ちょうど50年の節目に、国内最大のスポーツの祭典が再び本県で開催されることが確実となった。

 知事は、2巡目国体の在り方を議論してきた国体検討懇話会が昨年12月に提出した最終報告書を踏まえ「簡素化を図りながら、新しい形の国体開催に向けて準備を進めなければならない」との考えを示した。

 新しい形をどうするかについては「今後1年ぐらいの期間をかけ、具体化する」とした。県、県体協、各市町、経済団体、医療関係者などがメンバーとなり、議論していくとみられる。

 方向性としては、最終報告書に沿い、国体開催自体をゴールと位置づけず「将来的な県民のスポーツ振興、健康づくり」を最大の狙いとし、国体を機に施設整備や環境づくりを進めていく。

 知事は、これからの国体像について「従来型でなく、新しい形の健康を増進する競技大会でなければならない。(2巡目福井国体を)そういう初回にしたい」と意欲を示した。

 一方で、県などは開催の内々定を得る手続きに入る。知事、県体協会長、県教委の連名による要望書に、県会の決議と本県以外の中日本ブロック14府県の同意書を添え、日本体協と文部科学省に提出。内々定を経て、開催五年前に内定、3年前に開催が決定する見込み。

 2巡目国体については07年9月、県体協が誘致を求める要望書を知事に提出。これを受け、08年1月から有識者らでつくる国体検討懇話会が開催の是非を含め議論、本県独自のスポーツ振興策や経費縮減案などを盛り込んだ最終報告書を12月に知事に提出した。同月には全県議でつくる県会スポーツ促進議員連盟も早期の誘致表明を知事に申し入れた。

以上記事終わり。

福井で国体を開催するのは大いに賛成です。
だけど、資金がないとか、スポーツを指導・理解できる人が福井にはいないなど、心配面がいろいろ出てきそうです。
さらに、もう10年後には福井で国体ですよ!
競技の開催地だってまだだし、時間はありません。
うまくいくかどうか、結構心配です。

でも10年後というと娘がいい感じの年頃ではないですか。
国体選手育成計画を実行しないとね。

我が家のお正月





リョーゴはケーキのあまりの大きさに目が点となり…


本日より仕事初めの方が多いのではないでしょうか。
我が家では旦那さんの仕事上、週末や大型連休の休みといったものがないのですが、今年のお正月は休みのシフトがうまく、元旦から4日までとソレラシイお正月を楽しみました。
ただ、年末までは子供達二人とも発熱や蕁麻疹やら家内でじっとしていましたが…

元旦 家族でおせち、雑煮、年賀状、走り初め、初詣
2日 箱根駅伝、ランニング、旦那さんの実家へご挨拶
3日 私の実家富山へ(1泊)
4日 たいらスキー場で滑り初め、帰福
5日 子供達保育園、旦那さん出勤

実家である南砺市は雪が豊富でしたね。(もちろん今年は少ないですが…)
娘も板を長く、ブーツも変わっての初滑りでしたが頑張りました。
今シーズンは集中してスキーに乗ったらかなり上達しそうな予感です。
何よりスピードやリフトの高所等然程怖がらないのが良いところ。
それにしても、地元の子供達、ジュニアレーサーの滑りには感心させられます。
環境も抜群ですが、親や指導者の熱心さが未来のアスリートを育てるんですね~

数本夫婦交代でゲレンデを滑りましたがやっぱりスキーは楽しいです!
山にも入りたいのですが、あと一降り二降りしないと福井の山は無理かな~

(嫁記)

あけまして

年が明けました。
皆さん、よいお年を迎えられましたか?

今年の年末年始は偶然にも勤務体制に比較的恵まれ、大晦日の勤務後は、今日から4連休です。
なかなかラッキーです。

さて我が家のお正月は、御節とお雑煮です。




正月寒波で、我が家の家の前も積雪が観測されています。
それでも一年の計は元旦にあり!
と言うことで、雪の中夫婦変わりバンコでランニングです。

雪の中を走る僕。




その後交代で走る妻。




昔僕が小さいころはもっとお正月らしさがあったような気がしますが、今は年のせいかお正月らしさを感じられなくなってきました。
昔はお正月と言えば、お店はもちろんガソリンスタンドすら開いてなかったものです。
でも、今日ちょっとお出かけすると普通にお店が開いているので、そんなところが変わってきたのかなぁと感じてしまいました。

ともあれ、皆様、今年もよろしくお願いします。
プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2009/01 | 02
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。