スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

本物のパウダーゲット 金山岩

今日は、仕事が休み。
ちょうど妻の山スキーに行く許可が下りたので、どこかに行こうと物色し、検討の結果、平湯周辺の金山岩というピークを目指すことにした。
この 山、雑誌岳人に紹介されたり、最近行く人も増えたようでメジャーになりつつある。
かなりのパウダーを頂けるらしいということで、期待して行ってみたが、結果は今まで経験したことがない一級のドライパウダーを体感してきました!

3:00 自宅発
2時起床のはずが寝坊して、2:40になってしまった。
さらに家の外は雨。
一瞬今日は行かないでおこうと考えたけれど、妻から「山は行かないと分からないよ」という言葉をもらい即効で準備して出発する。

6:30 安房トンネル入り口駐車場
福井の和泉村で火災があって、僕がそこを通過したときはまさに鎮火直後だった。
この時期火災が多いですね。みなさん気をつけましょう。
その後順調に車を飛ばし、平湯に到着。
平湯はしっかり雪が降っていて、気温はマイナス6度。
ひょっとしてパウダーかも知れない...

7:00 平湯スキー場ベース部発
スキー場ではピステが動いていて、スキー場の整備をしている。
邪魔にならないようにしてガンガンゲレンデを登る。




7:50 平湯スキー場リフト終点
結構ハイペースで登りあげた。
リフト終点を見るとすでにリフトが動いていた。
ここからラッセルが待っている。
うっすらと何日か前のトレースが残っていた。




さて、スキー場を超えて尾根忠実に前進する。
ラッセルは足首程度。
吹き溜まりでは靴上までいってしまう。
しかしこの尾根、非常に登りやすく、標高を稼いでいるとは感じないほど。
がんがん一人でラッセルする。
途中、こんな赤旗が何本か発見。




お陰で安心できます。
尾根の途中には地図で表記されていない小さい沢があったりと結構読図に時間を掛けつつラッセルする。

標高2400m付近で雲が切れだした。
幻想的な景色であった。




これを超えるとカチカチアイスバーンになり、無理せずアイゼン歩行に切り替える。
一瞬目指す金山岩が見えた。




11:00 金山岩頂上着
雲が覆っていて全く何も見えません。
おまけに風も強く、ここでじっとしているわけにはいかない。
それで自分の写真を撮ってそそくさと降りる尾根取りつきまで下る。




11:30 金山岩北側尾根取り付き
下の視界が利かないのでGPSと地図とコンパスと何度もにらめっこ。
この尾根、地図で見る限り結構狭く、急である。
おまけに何本か尾根の分岐があり、この状況では自分の読図力だけが頼りである。
コンパスを口にくわえて滑りながら方向を定めて滑る。(これが結構楽で確実)




さて滑ってみると雪ってこんなに軽いの?っていうくらい軽い。
終始腰パウダーで、顔面スプレー状態。
雪が軽すぎてパウダーを滑っているにもかかわらずスピードが出てくる。
最高に気持ちいい。




ぜひ合い方と来てお互いの写真を撮りあいたかった。
読図に時間を掛けて下った割りに、この尾根を30分も掛からずに下りきってしまった。
後は安房平の南端に出てシール歩行で国道に出る。
ここから平湯までが長かった。
ノートレースのため、シール下降で漕ぎながら下る。
途中ショートカットするもかなりの時間がかかってしまった。
ここが今回で一番疲れたかも。

1:30 安房トンネル入り口駐車場着
大満足なコースで、これを書いていてもまだ頭がポワーンとしている。
それくらい素晴らしいパウダーであった。
パウダージャンキーにお勧めのコースである。
ただし行くときは下る尾根を間違えないように。
恐らく別のところを下ったりすると雪崩の危険が高そうなので。

本当は時間と体力があったら金山岩から十石山経由で安房平へ行こうとも思っていたけど、このクラストではいまいちと判断したのであった。

今回のルートはこんな感じです。
ちょっとスキー場のゲレンデでGPSを再起動したら、途中ログが大幅に切れてしまった。。。



スポンサーサイト

山スキー道具考

先日暴風雪の中、山スキーへ日照岳へ行った訳だが、なにやらいろいろ道具の収穫があった。
それに関してすこ~し書いて見たい。

○ビーコンについて
僕が使用しているビーコンはオルトボックスのF1フォーカスと言うアナログビーコン。
使用に関しては他の機種などを使ったことがないので、特に不満もない。
だが、どうも動きがおかしい。
というのもよく一人で山に入るときなどは、周囲に人がいないかビーコンを受信モードにして周りの電波を受信してみる。
まぁほとんどの場合、トレースがないのでビーコンの反応なんてある方がおかしいのだが、しっかり電波を受信している。
周りに人がいると確信して、ずんずん進んでも人なんていないというパターンを何度か味わった。
しかし、先日雑誌ヤマケイを読んでいてビーコンに関する記事が載っていた。
それによると、ビーコンはオキシライド電池は絶対にバツで、アルカリ電池で使用することと注意喚起されていた。
実は僕はまさにその通りなのである。
どうも乾電池の電圧が微妙に異なっているため正常な動きをしないとのこと。
早速アルカリ電池に交換し、今では山の中で使用しても正常な動きとなっている。

○ゴーグルについて
僕が使用しているゴーグルの色はイエロー。
イエローと言うのは悪天候の場合に比較的見やすいということで、この色を使っている。
先日の日照岳の下りはゴーグル使用で、地図とGPSを見ながら滑降を楽しんでいた。
しかし、いつもは地形が分かってダーっとある程度の自信を持って滑れるのに、今回はどうも自信がない。
そのため、少し進んでは地図を見てを繰り返していた。
それにも関わらず尾根を間違えて下ってしまった。
山を降りていろいろこの違和感について考えていたけれど、明白な答えが見つかった。
地図の等高線の色とGPSの等高線の色とゴーグルの色が同じ黄色なのであった。
その為、山の高さの情報がかなり入手し辛く違和感を感じていたのであろう。
結局、明確な地形を把握しないまま滑降するという極めて危険な状態に陥っていた。
今はゴーグルの色を変えるか地図・GPSの等高線の色を少し変えてみようと思っている。

○GPSについて
先ほど日照岳の下りで尾根を間違えて下っていたと書いたが、これはGPSが教えてくれたのである。
最初は地形に関しては絶対の自信があったのでGPSが違うと思っていたけれど、やはり機械は正しかった。
このようにホワイトアウトの状態では、GPSほど頼りになるものはない。
まぁ、ちょっとした保険に入ったかと思えば安いものである。
今後ともGPSに頼らないような山スキーはしたいけれど、ちら見程度で活用していきたい。

満喫冬の勝山~年の市ー雁が原スキー場~

今朝も起きると家の前の道路は凍結していた。
ちょっとした寒波は、厳しい寒さをもたらしたけれど、それほど降雪はなかったみたい。

さて今日も山スキーと行きたい所だけど、折角の休みだし子供達に少しはご奉仕しないとかわいそうだ。
山スキーは今度の平日の休みの日にとっておいて、今日は勝山満喫の旅へと行くことにしよう。

今日は勝山で年の市というお祭りをしている。
僕は勝山で生まれ育ったんだけど、この祭りはあまりに寒いので親が連れて行ってくれなかった。
なので勝山生まれにも関わらず、生まれて初めてこの祭りに行くことになった。

この年の市というお祭り、どうも勝山の民芸品を売るお祭りのようだ。
さてお祭りはものすごい人で、とりあえずまっすぐ歩けない。
売っているものも子供づれではゆっくり見れない。
それでもちらちらと売っているものを見ると、杵や臼、蕎麦打ち用のたらい?や伸ばし棒など、心惹かれる民芸品ばかりだった。
値段もお店で売っているものよりかは安いんだろうけど、僕らにはちょっと高価であった。

お祭りはこんな感じ。




お祭りでいろいろ食べ歩いた後、可愛い子供用の椅子と耳カキを買ってみた。

これは子供用の椅子。
結構重くてがっしりしていて、重宝しそう。




これは耳カキをオーダーメイドしてもらっているところ。




ちなみにできた耳カキはこれです。




一通りお祭りを見た後、今度は雁が原スキー場へ。
小学校のときはこのスキー場にみんなでスキーを担いで行った思い出のスキー場。
何十年ぶりかに行ってみると・・・、すごい人!
昔を思い出すかのような混雑振りで驚いてしまった。
ファミリースキー場として有名なスキー場なので、小さい子供からおじいちゃんまで幅広い年齢の人がスキーを楽しんでいた。
このスキー場に来た理由は娘のスキー特訓である。
まぁ、まだ小さいからスキーの感覚を味わってもらえれば万歳である。
特訓の模様。




さらに何本かリフトに乗ってゆっくり降りてきた。
回数券を購入して、リフト券があまったので、その分は大人でテレマークスキーを楽しんでしまった。

娘はスキーが楽しいと言ってくれて今日の目的は達成された気がした。

今日も充実した日であった。

取立山 山スキー

「よかったね~いいな~うらやましいな~私も滑りにいきたいな~」
昨日日照岳でパウダー欲を満たしてきた旦那さまの話を聞いてると、ついつい出てくることば...

で、行かせてもらいました!嫁ひとりで。
2人の子供達はパパが見てくれるというので、感謝です~
独りで行くのは5年ぶり程なのでやや緊張ぎみ。
我が家から1時間と比較的近い取立山なら以前行ったことあるし、まあ入山者もいるかなと思いまして。

家族の朝食やら着替えやら、山スキーの準備やらで我が家を出たのは8時30分過ぎでした。
駐車場には軽1boxが1台のみ。どうやらツボの方が2名のようですね。
と、準備をしていると山スキーの男性が来られました。

10時出発。

心配していた天気も青空がのぞく程に。
積雪は1m半位でしょうか、週末の寒波で新に40~50cm積もったようです。
気温も低かったので軽いですね、脛ラッセル程です。

ついついツボの方の跡を追ってしまい難儀しました。
ツボの方々って直登気味なんですね~やっと林道に合流。
どうやら、後ろの山スキーの方は私の先をいかれたようです。
まあ、焦らずいきますか~


分岐部


元気やね

でもこの後曇り始め、雪がふり出しました。


稜線に出ると風も強くなり、


ストレスで破断してますね。


山頂だよ~

12時50分取立山山頂に到着しました!
視界も殆どないので、そそくさとシールを剥がしてお楽しみの滑走です。
行くぞ~と折り返すと山スキーの方も滑走する所でしたのでご一緒することに。


同じ福井県のY田さん


NEWスキーで浮いてますよ!


わたし

13時50分駐車場着。

ゆっくりのつもりでしたが、スキーだと早いですね。
好みの急斜面は無いものの、雪も軽いので充分浮遊感が楽しめました。
もちろんパウダー欲も満たされましたよ。

ツボの御2人、Y田さんラッセルありがとうございました。
前日入山者ゼロ、本日4名のみでしたので、新雪楽しみたい方はどうぞ。

自宅に着くと、玄関先には大きな雪だるまが。
クッキー作りやお昼にヤキソバを作って食べたんだって。
旦那さまお疲れ様でした。

この後ブリコのサングラスを無くした事に気づく。
山頂でゴーグルと交換した際に忘れた模様。
もし、見つけた方おられましたら御一報を。
なかなか、すべて良し!とはいかなかったかぁ...
(嫁記)

まつ毛も凍った日照岳

昨日の降り出した雪は、夕方には家の周りの道も白くなるほどになった。
今シーズン、まだ僕のパウダー欲を満たしていないので、これはチャンスとどこか山スキーに行こうと心の中で決定した。
行き先はどこにしようかと悩んだが、まだ頂上を踏んでいない日照岳ならまだ近くて雪も期待できそうだ。

3:30 自宅出発
家の周りはかなり寒く、おまけに風も強い。
これは途中敗退も視野に入れて山の中を行動しないと・・・。
6時過ぎに日照岳へ登る駐車場ポイントに到着すると気温はマイナス6度。
おまけに風も強いので、体感温度はマイナス10度はいってそうだ。
そそくさと準備を始めていると後ろに車が止まった。
車から一人降りてくると、彼も今から日照岳を目指すとのこと。
今から準備を始めるので後から追いかけますよとの心強い言葉を頂き、車を跡にする。

6:45 車発
道路脇の積雪は1mほどか。
お正月に帰雲山へ山スキーに行ったときよりは雪の量は多い。
平坦地のラッセルは足首程度。
傾斜が増すと簡単に膝上までのラッセルに変わってしまう。
けれど、雪が軽いので比較的ラッセルは楽である。

8:15 1160mピーク
尾根に近くなると風がかなり強く、目出帽を人生初めて装着する。
おまけに風が強すぎて尾根上は雪が付いていない。
クラストした斜面があらわになっていて、表面にうっすら付いている新雪とともにずり落ちる場面も。
結構シビアな場面になってきた。

9:45 1560mピーク
時間の経過とともに風が緩くなってきた。
けれど、このあたり激ラッセルとなって、結構時間がかかってしまった。
このピークに到着すると、ようやく車で出会った後続者に追いつかれた。
しきりにラッセルスピードを褒められてしまった。。。
その後、彼とは終始行動をともにする。

10:30 日照岳頂上着
念願の頂上に立つことができた。
と言ってもかなり風が強く、一刻も早く降りたいという気持ちでいっぱいである。
一応、同行者にお約束の写真を撮影してもらう。




10:45 日照岳頂上発
尾根上の雪はクラストしていてまともに滑れない。
クラストしているかと思えば、吹き溜まりになったりと滑るのはかなり難しい。
忠実に登ってきた尾根を滑っているつもりだったが、GPSがコースを外れたと言っている。
視界は100mほどとかなり悪く、そのため自分の感覚はかなりおかしくなっていたのだ。
仕方なくシールをつけて、50mほど登り返す。
GPSがあってよかった。

1560mピークから下は沢をたどる。
この沢、斜度といい、粉雪度といい、申し分なし。
最高のパウダーを頂きました。

ちょっと分かりにくいけれど沢の様子はこんな感じです。
いい感じでしょ!




1100mほどから、崖がでてきて、おまけに沢も割れてきた。
仕方なく登りで使用した尾根方向へトラバース気味に進むと自分たちのトレースに出会い、そのまま車に到着。

12:00 車到着
恐らく今シーズン一番のパウダーであろう。
帰る頃には雲も明るくなってきて、天気も回復基調になってきた。
これは明日もこの辺り楽しそうです。

梅酒とたくあん

タイトルとおり、昨年から仕込んでいた自家製梅酒と大根たくあん漬けがいい感じになったよ!
梅酒は初めて、たくあんは2度目の仕込み。
面倒や~とか余計高つく~とか臭いし~とか思われるかもしれないけど...
自分達で作って熟成までの期間はワクワク感でいっぱい。
でもって、初めて口にする瞬間...

ウマァーーーーイィ
o(≧∇≦o)(o≧∇≦)o

食卓にはたくあんが並び、夫婦で晩酌に梅酒を飲むのが最近の我が家のブームなんですぅ~

もちろん忘れてはならない、白菜、キャベツ、大根、ほうれん草、葱なんかも裏の畑で食べ頃をむかえております。
今年はは旦那さまに海釣りとか行ってもらおうかしら...魚Getで自給率を高めていくぞ!
(嫁記)

クロカンスキー 勝山長尾山公園へ

朝起きてみると道路は雪で真っ白け。
我が家は福井でもそんなに雪が積もらない地域。
でもこれだけ積もっているとなると山は・・・。
ちょっと期待してしまいます。

山スキーに行こうか、スキー場でスキーをするか、はたまたクロカンスキーをするか。
悩んだ挙句、今日はクロカンスキーをすることにしました。

場所は勝山の恐竜博物館がある公園。
ここは勝山市が雪が積もるとクロカンコースを整備してくれて、利用は無料。
ちゃんとしたピステはないけれど、お手軽冬のトレーニングと捕らえるとこれで充分。

りょーご君を子守があるため、妻と交代で滑ることにしました。




トータルで僕は2.5kmコース2周。
妻も同じ2.5kmコース2周。
雪の条件が悪く、スキーが滑らないので、僕は疲労こんばい。
妻は昔クロカン選手だったので、ちょっと体を動かした程度の疲労ということで僕より余裕でした。

最後にりょーご君のそり遊び。




りょーご君の顔のアップ。




それにしても勝山に来てもそれほど雪は積もっていなかった。
ちゃんとした雪が積もって欲しいものです。

研修会へ


1/12~14日の連休はSAJ指導者研修会へ。
わたし(嫁ですけど)久々にアルペンの板で滑ってきました!
いっぱい刺激を受けて頭も体もスキー三昧の3日間でした。
子供達を見て貰って実家の家族に感謝です。

富山県の立山山麓スキー場が会場なので、金曜夜に子供達を連れて南砺市の実家へ。
実家から会場までは100分程かかりますが、宿泊せず実家から通うことにしました。

SAJの指導者は2年に一度研修を受けるよう義務付けられており、受けないと資格の「停止」や状況次第では「喪失」となってしまうのです。
わたしが指導員を取得したのが平成5年のハタチでしたから、あれから15年も経ったんや~
もっぱら後半は結婚を機に福井県に住み、出産もあってスキー指導の機会も少なくなりましたが、今後子育てが一段落したらまたやってみようかな~と。殆どの方が私より年配者の方々ですので、皆さん本当にスキーが『好き』なんですね!

研修会の理論で「スキーの父」ハンネス・シュナイダー(1890-1955)の映像を見た。
当時のスキー装備ではありえない技術の高さと運動能力だった。
有名な三浦雄一郎の父である敬三氏(享年101)が100歳で滑っているVTRを思い出しました。
氏の98歳時で、年間約120日はスキーをして、オフシーズン中も次のシーズンに向けてトレーニングを欠かさなかったと。トレーニングの内容は、1)首の運動、(2)口開け運動、(3)呼吸法、(4)体操、(5)ゴムチューブ体操、(6)スキー体操、(7)深呼吸、(8)4キロのウォーキング
すごいです、やはり肉体鍛錬は不可欠なんですね。

やっぱりスキーは楽しい。(もちろん山スキーやテレも含めて)
私もおばあちゃんになって孫と滑ることができるかな...
と思って、筋トレとかやってみる今日この頃...
(嫁記)

デジタル一眼レフ PENTAX K100D

先日から頭を悩ませていたカメラ選び。
ようやく答えが見つかり、今日手元に届いた。

選んだカメラは・・・、


ペンタックスのHPの流用です。

本当は今日は山スキーにでも行きたかったけれど、雪は少ないし、気温が低い割りに雪も降らないしで、山に行くのは却下。
その代わりにと、デジカメの最低限の道具の買出しに明け暮れる。

ちょっと写したけれど、その性能の高さに驚く。




ぴったり人の顔にピントが合うなんてすばらしい。

ちなみにカメラ購入に際して、山スキーで動きのある写真を撮りたいというのが最初の理由。
でもいろいろ調べているうちに、一眼レフに惹かれてしまい、入門機にあたるこの機種を買ってしまった。
きっとすぐにいろいろな付属品やレンズなんかも欲しくなるんだろうな。
また新たな分野に手を出そうとしている自分がちょっと怖い。

任天堂DS


任天堂DSがある出来事があってちょっと前に我が家にやってきた。
今まで所詮ゲームと思っていたけれど、この時代においてはゲームという一言では終わらない。

写真は購入したDSソフトなのだが、後ろはアンパンマンのひらがな学習ソフト。
これを娘はしばらくすると、かなりひらがなの力が上がったようだ。
大体ひらがなが読めるようになったし、書くことも上手になった。

そして、もう一つは文学全集。
なんとコレ一つで100冊分の有名文庫本が入っている。
大人の暇つぶしには最適!
この他にも広辞苑などがはいった辞典のソフトもあるし、確かにやりだすとはまりそうな気配がする。

ファミコンしか知らなかったけれど、ゲームの進化に遅れていたなぁ。

帰雲ー?

先日の帰雲追加です。



←まだ暗いですね~



             ラッセル!ラッセル!→




←猿ヶ馬場



             パフパフ→




←本日我らのみでした!
                             たのしかったわ(o^∇^o)ノ

(嫁記)

デジカメの悩み

最近、デジカメを新たに購入しようということで、いろいろデジカメのカタログをせっせと集めて見ている。
・・・が、どれも決め手がない。

と言うより要望が欲張りなんだけど。

ポイントしては
・それなりにコンパクト。
この時点でデジタル一眼レフは却下。

・連写モードがボタン一つでできるほど容易にできること。
・使い方としては山にも持っていくけど、日常生活にも使用する。
等々。

なので、全く決まらない。
防水のコンパクトデジカメとかもあるけど、どうも画質やら、操作性やらで踏ん切りがつかない。

決め手がないというか、要望が欲張りと言うか。
悩むなぁ~。

帰雲山へ

山スキーも一台完成したし、雪も降ったし、そろそろ山スキーへ行こう!
と、言うことで妻と二人で山スキーへ行ってきた。
基本的にパウダー大好きな二人なので、比較的近くでパウダーが味わえる場所・・・。
猿ガ馬場方向へ行くことにした。

まだ暗いうちから山スキーの準備をする。
荻町駐車場からの出発は朝6時。




外気温は-3度。
でも雪は思ったより多くない。
いつもの神社裏からヘッデンをつけてスタートする。

先へ進むとかなりはっきりしたスキーのトレースがある。
これをありがたく利用させてもらう。
でもこれが今日、この先に人がいるのか、それとも昨日のものか分からない。

2時間かからずに上部林道へ到着。
ここで、小休止。

先へ進むとトレースは急な尾根を登っている。
ここでトレースを外れてラッセルに入る。
ラッセルは深いところで膝までいく、深いラッセル。
これは帰りはパウダーを楽しめそうだ。

天気はよくなり、向こうに三方岩岳などの山々が見える。




車から約4時間で帰雲山へ到着した。
この時期としてはまずまずのペースであった。
ここで記念写真を撮ったり、食料などを食べる。




この先の猿が馬場も樹氷がきれいで、斜面も美味しそうだけどここで引き返すことにする。
どうやら昨日のトレースの主も帰雲で引き返したようだ。
さてお待ちかねの滑りである。




お互い取り合いながら滑る。







下部に行くにつれて雪が重たく、さらに藪もうるさく、滑りにくくなる。

頂上から一時間ほどで車に到着。
やっぱりこの山は楽しいわ。
パウダーを存分に楽しみました。

この近くにある御母衣周辺の山、日照やがおろなどはこの分だと藪がうるさく危ないかもしれませんね。
もうちょっと雪が欲しいところ。
このままじゃ、去年の二の舞になりそうである。

歩くスキー

今日はパパが出勤だし、天気も今ひとつでインドアムード満点の我が家。

あけおめ~

 


でもお昼頃に雲の切れ間があり太陽もでている。
ひろのは雪遊びしたいというものの、遊べる程無くベチャ雪でいまひとつ。
なので少し山側へ、広大なグリーンセンターへ行ってみました。
駐車場は無論除雪などしておらず、駐車スペースを探すのに手間取った…

娘のスキーは前回と同じクロカンの板。
私は先日Mスポで3ピンを付けてもらったロシニョールのウロコ板。
ブーツはガルモントのLibero、2バックルのテレ靴です。

りょーごを乗せたソリをわんこのように引き、
しっかりレールを切りながら先行して、その後をひろのが付いて来ます。
ふと、りょーごを見るとZzzzz...寝ておられるようです。
寝ながらバランスを取ってます(笑)

積雪は15cm程でしょうか、歩くスキーなら充分ですね。


 

何度も転んだり!


 

走り回って!


 

お疲れ様でした!

帰り支度で雨がポツポツと落ちてきた。
ナイスタイミングで外遊びできました~
(嫁記)

2008年

皆様、明けましておめでとうございます。
今年も『アウトドアファミリーの日記』を宜しくお願いします。
子供たちの成長とともに、充実したアウトドアライフを楽しんで行きたいと思います。

元旦はなかなか布団から出れませんでした~
おせちとお雑煮を食べながら、テレビを見ながらまったりと過ごし...
大晦日から元旦にかけてパパが家にいるのは結婚して初めてのような気もします。

初詣は三国の成田山へ。
願い事は唯一つ、家族の健康ですね。
駐車場へ入る際に少し待ったけれど、渋滞という程でもなかったです。
参拝時は雪に降られなかったものの、気温は低く風もあり。
露店でアツアツ人形焼と焼きとうもろこしを買い、家に戻ることに。

わたしとひろのがおみくじをひき、二人とも凶だったことにやや動揺。
とりあえず、ひかえめにと書いてあったのであまり背伸びしないことにするわ!
去年のおみくじが何だったか忘れる位だから引きゃなきゃいいんだけどね~
(嫁記)
プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
12 | 2008/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。