スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「白夜の大岩壁に挑む・クライマー山野井夫妻」

以前にBSハイビジョンで放送された山野井夫妻のクライミングドキュメンタリー「白夜の大岩壁に挑む・クライマー山野井夫妻」を録画してもらい、今日ちょっと見てみた。

山野井さんの著書「垂直の記憶」などで想像を絶するクライミングを成し遂げてきたのを知っていた。
そのお陰で、凍傷を負い、指がないという予備知識はあった。

けれどけれど、彼らの山への情熱は凄すぎます!
本当に好きなんだなぁと感心し、またうらやましいとも思ってしまいました。

垂壁を見ているときの山野井さんの幸せそうな目。
常にポジティブに物事にチャレンジしていく姿を見て、自分をエネルギーをもらったような気がしました。

本当にお勧めの番組でした。
スポンサーサイト

道具部屋

我が家には玄関の横に道具部屋なる小さな部屋が存在しています。

ちょっと油断すると物で溢れかえり、それこそ足の踏み場もない状態に陥ります。
それで今日はちょっと整理してみました。

僕と妻のMTB2台はこうしてディスプレイスタンドに




そして大切な山スキーは壁にこのように固定して・・・、




スキーブーツはコンパクトに置けるように台を買ってきました。




空間を有効に使うことで大分ましな道具部屋に変身しました。

整理してしばらくすると新しい物を買ってしまい、空間がまた狭くなるんだろうなぁ。
こういう悩みを持っている人は身近にも結構いそうな気がするけれど、みんなどうしているんだろう?

初滑り~つづき~

高原バスから見える山々の素晴らしいこと!
雲一つない青空、真っ白な雪山が映えます!
白山もいつもより近く見えますね~

9:00室堂ターミナル着。さすがに始発だけあってターミナルは混んでいない。あ~扇沢方面下山のお客さんの列ですか~(でも、皆さんは数日前から来て充分滑られたんですね!雪焼けが物語ってますよ)

さてターミナルを出て先ずは360度見渡すと。
立山雷鳥沢、室堂山や浄土山には既に縦横無尽のシュプールでいっぱい。
どうやら、23日以降は降雪がなかったらしい…

雷鳥沢登りつめて剣沢~別山北面とか、大走りの尾根をドリャ~と滑るのも良さそう…
しかし、私達は日帰り&NEWブーツ。
とりあえず一の越方向をめざすと、山崎カールにはそれ程シュプールがない。
雪のコンディションも良さげじゃない~ということで、浄土山基部がらトラバースしてカールを目指す。

6ヶ月ぶりの立山スキー!今日も最高の景色!あ~感動です。
ゆっくり、楽しみながら進みます。
まだフォーミング未調整のNEWブーツも両足踝下がアタリ始めました。
まあ、今日は探りだけ。靴擦れ覚悟なんでいいですけど。

おなじカールを目指している先行く集団に追いつくと。
『○○さん』
『ん、誰?』

なんとまあ、友人の野遊び人=A川君でした!
かれは、fトラック社の方々と一緒に23日より入山とのこと。
いつもHPの(スタッフの遊び)を見ていて、楽しそうなfトラック社の方々とご一緒することに。
よろしくおねがいします。

シールを剥がし先ずは岩峰際の荒れてない箇所を狙います!
さすが、皆さんすばらしい滑りですね~
では、私達も行きますよぉ~
ホゥ~軽い軽い!
あああああああ~楽しい!

私、ニヤリ。
旦那もニヤリ。

コンディションの良い箇所を狙い滑り、登り返し、最高の景色を見ながら昼食をとり、再び滑る~
前日は蟻の巣のように人がいた雷鳥沢には今日殆ど入っていない。
まあ、あの滑りまくられた斜面を見ると行く気も半減しますけど…
皆今日の下山でターミナルに近いトコで滑ってるんですね。
あのひと際白い大日岳も滑ってみたいものだ。

扇沢へ降りる皆のタイムリミットも迫り、13:00過ぎにターミナルへ登り返しました。
私たちも実家に預けた子供たちの様子も気になるし、何より初滑りとしては満足感でお腹いっぱい!
ということで、14:30発の臨時バスに乗り込み、17:30には実家に戻りましたとさ~

皆さん、ありがとうございました!


雄山へ





シュプールだらけ~


山崎カールへ


fトラック社の皆さんがいて


A川くんがいた!


テレ板のA川くんの滑り~





素晴らしい景色


青い空!と飛行機(と旦那)


ニヤリ~


旦那です





荷物デポ置、帰る準備を…


大満足でした!

初滑りへ!

この3連休とパパの休みが珍しく重なった。

23日のパパは福知山マラソンへ。
その日は娘の保育園の発表会もあった。
仕事休んで見にきてくれた花ばあちゃんありがとう~
娘は前日からの発熱にもかかわらずよく頑張ったね!

そして翌24日は私の富山の実家に移動。
実は子供達を預けて、25日に日帰りで立山に初滑りに行きたいと思っていたのです。
快く(呆れて?)承諾してくれた実家に感謝~

そして娘にも、
『パパとママおやまに行ってスキーして来ていい?』と聞くと、
『いいよ~』との返事が!
な、なんて優しい子なんでしょう~



下の子は訳分からず置いて行きます(ごめんなさい)

で、4:30分起床。
外に出ると、ヤッター!月も星も見えてる 快晴じゃ!!

立山駅ではケーブルが整備運休中の為、室堂直行バスのみの運行。
8:00発の始発バスに乗り込み出発しました~

この時点で立山駅には300名ほどのボーダーやスキーヤーがいました。
ホント皆さん、好きですね~(我々もですけど…)

つづく…

福知山マラソン

今日福知山マラソンへ行ってきました。

結果は3時間27分。

詳細はまた今度書きますが、もうだめだめで情けなかったですね。
ちなみに師匠は駄目だと言う割りに2時間51分。
さすがでした。

あまりの疲労で、思い通り体が動きませんね。
今日はおとなしく寝ます。

***********************(11月27日追記)*************************************
42kmのラップタイムを書いておきます。

スタートー5km  20分52秒
5km-10km  40分54秒(20分02秒)
10km-15km 1時間00分43秒(19分51秒)
15km-20km 1時間21分11秒(20分28秒)
20kmー25km 1時間42分34秒(21分23秒)
25kmー30km 2時間06分15秒(23分41秒)
30km-35km 2時間34分37秒(28分22秒)
35kmー40km 3時間10分51秒(36分14秒)
40kmーゴール  3時間26分59秒(16分08秒)

後半のペースの落ちようが凄まじかったです。
体が疲れてもがんばるという感じで押していきたかったけれど、実際は足が攣りまくり、痙攣までして、走ることが困難になりました。
走ることで発生する衝撃が足のダメージになっている感じでした。
実施攣った箇所は、足の膝の上の筋肉(何て言うんですかね?)と内転筋。
この箇所はこれからもストレッチや筋トレを取り入れて強くしないといけませんね。

さてレースは、スタートラインを切るまでに1分30秒掛かるほどの大混雑。
ちょっと焦りましたが、端っこの方から徐々に前の人を抜いていきました。
そして、キロ4分ペース集団を形成しつつレースは進んでいきました。
25km付近の折り返し付近で我が師匠に遭遇。
約1kmほどしか違わなかったので、我ながら前半はよくがんばりました。

今考えられる失敗としては、
・給水でまめに水分を取らなかったこと
・普段の練習で40km走を取り入れなかったこと(それでも10月に入ってから週1回は30km走は取り入れていました。)
・筋トレを取り入れるべきだったこと

まぁ、レース前半から失敗を恐れずに挑戦し続けたことでいろいろ課題は見えました。
なので今回のフル挑戦は失敗だったけれど、今はそれなりに充実しています。
守っての失敗よりも攻めての失敗の方がいろいろ得るものは多かったです。

悔しいので来年も機会があれば出てみたいですな。
幻のサブスリーを達成してみたいなぁ。

冬準備


ここ北陸では昨日の雨は夜には雪と変わったようです。
冬の天気で寒波の後は大概晴れ。
ということで、今日は朝方はかなり冷え込みましたが、日中はいい天気になりました。
家から見える山もうっすら雪化粧。

東北の方ではかなりの大雪らしく、青森県八甲田では70cmを記録しているとのこと。
降りすぎもこまったものです。

そして自分はこの天気の隙をついて、車のタイヤ交換をしました。
結構ナットの締めがきつくて、難儀しましたが、1台分は無事終了しました。

もしもの話ですが、今日休みだったら立山や白山は最高の山スキー日和に違いありません。
今日の晴れがうらやましいなぁ。

調整

来週23日にある福知山マラソンフルまでやっと1週間をきりました。

最後の調整!といきたいところですが、正直、調整なんてどうすればいいの???状態です。
今は本で読んだ調整法、「疲れを取りつつ、レースペースを体に覚えさせる」練習をしています。

ところで、僕にとってここまで練習したマラソンはなかったし、お陰で最近ではやっと早くなったなぁ(それでもまだまだ早い人はいます)と実感してきました。

僕の師匠も一緒に参加しますが、僕はキロ4分半ペースでフルを乗り切ろうと思ってました。
しかし、師匠いわく
「もったいないから、もっとペースを上げていけ!失敗しても別にいい。」
と言われ、とりあえずキロ4分を意識して走ろうと思ってます。

どうなることか、今から楽しみです。

ニュー山スキーブーツ


妻用に買ってしまいました。
写真のもので、ガルモントのSHE-RIDE。
型落ちだけど、かなり安く購入できました。

今まで使用していたのはLOWAのストラクチュラーシリーズの3バックル。
サイズも自分の足より1サイズ大きく、誤魔化しながらスキーをしていたようです。

これで間もなくシーズンインを迎える山スキーが楽しみになってきました。
それにしても最近の山スキーブーツの軽量化には、目を見張るものがあります。
自分のブーツもそろそろ寿命かなぁ。

好物


姉、弟ともに胡瓜が大好きとは…
まあ、お菓子よりは健康的ですけどね!

冷たい雨

昨日から強烈な雨と雷で、今朝起きてみると気温もぐっと下がっていました。
夜はバシバシと窓ガラスと屋根を激しく叩く雨音がしてなかなか眠れませんでした。
恐らく雹でも降っていたんだろうでしょう。

いろいろネットで道路の積雪状況を調べてみると、石川県の一里野の道路は真っ白で見た感じ5cmほど積もってました。

ということで、スキーモードに突入!
徐々に山スキーに衣替えしていきます。

かに漁解禁!

今週は、かに漁が解禁になりましたね!

福井といえば『越前かに』が有名ですが、この黄色いタグ付の雄のズワイはン万円もするので。

とても手が出ません。

で、雌かに。ン百円也~





でもとても美味しいのです。我が家では先ほどの晩御飯で今年初かにをいただきました~

かににはこちら↓




『いいちこ』が最高!

ほうれんそう


ほうれんそうがいよいよ食べごろを迎えました。

毎朝、がさっと一掴みのほうれんそうを収穫して、それを食卓に並べます。
なんだか異様においしく感じ、ほうれんそうにはまりそうな感じです。

他の野菜は大根、きゃべつ、白菜、ねぎ。
そろそろたまねぎ、にんにくの植え時か。
成長が楽しみな時期ですな。

ふたたび刈込池

先日の刈込池から帰ってきてその晩、ナメコ汁が食卓に並び
「このキノコ、採ってきたんだよ~」
と娘に話をすると、
「キノコ、採りにいきた~い。」
と連呼してきました。
それで、今度は娘を連れて再び刈込池へ行ってきました。

この土日は物凄い人が刈込池に押し寄せるはず。
ということで家をまだ暗いうちに出発。

そのお陰で刈込池の登山口近くの駐車場ではぎりぎりいい場所をゲットできました。
後から続々押し寄せる車。

まぁ、小さい子がいるからゆっくり歩き出しました。

階段コースの階段は娘にはかなり大きな段差でした。
でも娘もがんばりました。
一度も抱っこせず、歩きとおしました。




ようやく刈込池に到着しました。
まずは先日ゲットしたナメコの木のところを見てみます。
やはり昨日のお客さんにより根っこごと取られていました。
それでも数個は残地されていて、娘と一生懸命とりました。
一通り取り終えて、暖かい味噌汁などをすすります。




一応娘と今日の刈込池を見に行きました。




それにしても刈込池はどんどん人が押し寄せてきます。
まともに座るのはおろか、荷物を置く場所もなさそうな感じです。
それでちょっと落ち着いたら下山開始にすることにしました。

下山は登りのルートとは別の林道コースを通ります。
娘が転ばないようにゆっくりと歩きました。
娘はすれ違う人に
「えらいねぇ~」
とほめられました。

途中、ブナの倒木にキクラゲが生えていてゲット!

と今日も無事に登山から帰ってくることができました。
帰りの車の中では疲れたのか娘は爆睡でした。

それにしてもなんだか山に行ったのに人によってしまいました。

菊花マラソン


今日は旧武生市で開催された菊花マラソンに行ってきました。
前からこのブログで言ったいたとおりハーフに出場。
目標キロ4分を掲げてスタートしました。

スタートー5km(18分31秒)
スタート直前に我が師匠に会って数分話をする。
スタートとともに第2集団に位置する。
師匠も第2集団の先頭で集団を引っ張っている。
先頭は猛烈に速いけれど、この集団で何とかついていく。

5km-10km(37分29秒)
徐々に集団に遅れて、師匠も遥かかなたへ。
それでも直線に入ると師匠の姿が確認できる。
後ろから一人追いついてきて、ピッタリ後ろにつかれるのが気になる。

10km-15km(57分24秒)
ちょっとづつ疲れが出てきて油断するとキロ4分をオーバーしてしまう。
あとちょっとと自分に言い聞かせて最後までがんばる。
しかし完全に一人旅だなぁ。

15km-ゴール(1時間21分22秒)
終始同じイーブンペースでゴールまで走ることができた。
ゴール直前に我が家族が観戦に来ていてそのおかげで、最後はペースアップできた。
最近の練習のお陰でハーフを走った後でもかなり余裕でした。
ただ、足の靴ズレがひどく、歩くのもしんどかったです。

と、まぁ終わってみればキロ4分の84分なんてあっけなく切ることができた。
自己最高記録でとりあえず満足です。
でも順位は7位。
みんな早いですな。
ちなみに師匠は1時間18分で、年代別2位でした。

次の大会は福知山フル。
それまでに練習で40キロほどは体験しておきたいところです。

刈込池

今朝起きてみると、ちょっと冷え込みが厳しくなってました。
空は雲がたくさんあるけれど、娘を保育園に預けた後、刈込池へ行ってきました。

11時半ごろに刈込池へ行くための駐車場、上小池の駐車場に到着すると、見覚えのある車が。
間違いない、源ちゃんhttp://pub.ne.jp/gengorou/の車でした。
半年前に生まれた第1子の源次郎君を背負って歩いている姿を想像しました。
源ちゃんに会えるのを期待しつつ、歩き始めました。

まずは急坂の階段をひたすら登ります。
一段一段が結構な段差で、息も切れます。




30分ほどで目的地の刈込池に到着。
この時期、いつ来てもこの池はきれいです。
昨日の雨のお陰で刈込池周辺の紅葉は落葉が始まっていました。
あと数日早かったら見ごたえがあったように思います。
そうは言っても本当にきれいでした。




逆さ三の峰。




残念ながら源ちゃんはいませんでした。
さて景色を楽しんだ後は、お昼ご飯です。
りょーご君は相変わらずの食欲でした。




お昼過ぎになるとどんどん雲が取れて日が差し込んできます。
紅葉が眩しく映えてきます。




ふと横のブナの倒木を見るとキノコがたくさん生えていました。
どうもナメコのようなので、少量を取って帰りました。

帰りは階段コースとは別のコースを通り帰りました。
駐車場まで30分ほどで到着。

家に帰り晩御飯のお供にキノコ汁にして食べました。
本で調べてみると、ナメコ、ナラタケ、ムキタケでした。




初めて食べるキノコでしたが、とってもおいしかったです。
プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
10 | 2007/11 | 12
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。