スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

社会奉仕作業とバーベキュー


昨日は社会奉仕作業の日。
僕は仕事が明けてからの参加で1時間ほど遅刻しての作業。
高圧洗浄機でドブ掃除をしましたが、結構重労働でした。

その後は、自治会役員のみんなでバーベキューの買出し。
買出しから帰ってくると町内の人がみんな集まってバーベキュー開始!
町内の道路上で豪快にバーベキューです。

暑い夏の日差しが照り付けてきて、ビールが旨い。
この町内に移り住んで4年目。
そして毎年開かれているバーベキュー大会に参加するのは2回目ですが、ようやく僕ら家族が町内の人に認知されたみたいで、他の人から名前を言われるようになりました。
と言ってもこちらは顔も名前も分からない人が多いのが現実で、早く覚えたいものです。

家に帰ってからビールによる頭痛がひどく、飲みすぎに後悔しました。
スポンサーサイト

夏のトレーニング

正式には北陸には梅雨明け宣言はされていませんが、今日は暑い一日。
こういう日はランナーはどんなトレーニングをしているのだろう?

恐らく、涼しい山の方を走るとか、朝晩限定で走るとかになるんだろうけど。
そんなことができない僕には、長い距離を走るのを諦めて、短くても内容が濃いインターバルトレーニングだぁ~。
と思い立ち、早速実行開始。
2分半、レスト5分×4本をやりましたが、最後はかなり暑さでやばかったです。
でも、こんな暑い日にも関わらず、トレーニングしたーって感じです。

そういえば今日は昨年参加した富士登山競争の日。
昨年は記録を大幅に更新した新しいスターが誕生したし、今年はどんなドラマが作られたのかな?
早く結果が見たいです。

つぼみ保育園 なつまつり


娘が通うつぼみ保育園の夏祭りが今週末と迫ってきました。
先日保育園から帰ってくるとこのポスターが娘のかばんの中に入ってました。

それで家の玄関に貼ることにしました。
かなり存在感があるけど・・・。
まぁ、娘が書いた絵をみんなに見てもらいますかな。

東京ディズニーリゾート

行ってきました。
木曜日の深夜1時に家を出発。
ETC利用のため、オール高速。
軽自動車で行ったため、高速料金もかなり安く行けました。

で、休みなしで高速道をひた走り8時にはディズニーランドに到着しました。
その間、子供達は車の中で熟睡。
大人の僕らはちょっとお疲れでした。

ディズニーリゾートの周囲を走っているモノレールに乗ると、雰囲気はディズニーモード。
子供達もテンションが上がります。




金曜日はディズニーランドに行くことにしました。
平日とあって、人は(多分)少なく、アトラクションもすべて待ち時間なし。
乗り放題でした。

途中、こんなキャラに会いました。




昼過ぎになると、疲れが徐々に体を遅い、歩いていても眠く感じてきました。
妻はりょーご君に授乳させるため、ベビールームへ行くことにしました。
その間、娘と2人でこの日から始まると言うウォータープログラムに行きました。
「グーフィーのクール・ザ・ヒート」と言うもので、何でも「水が掛かるので覚悟して来てください」というプログラム。
かなり前の方に陣取り、プログラムスタート。




最初はお湿り程度だったのが、だんだん手がつけられなくなり・・・。
途中からは目を開けているのが困難なほどの水の量。
終わって見ると2人ともこんな感じに。




眠気を吹き飛ばすにはちょうどよかったかな。
妻と合流するとかなりびっくりしていました。

その後はまったりモードのため、アトラクションには乗らずにパレードを中心に楽しむことに。
お昼のパレードもかなりいい場所を陣取り、楽しむことができました。




さて暗くなってきて、軽く食事を食べ、夜のパレードに備えます。
今日が初めてというウォータプログラムの「ウェット&ワイルド・パイレーツナイト」。
これは、炎と水をふんだんに使用したものだそうで、遠めに見ていてもシンデレラ城がすごいことになってました。

光と水のシンデレラ城。




炎と水のシンデレラ城。




ちょっと近くで見たかった気もしました。
さて夜のパレードはいい席をゲットできたので、かなり楽しめました。
りょーご君も大興奮で、時折何とも言えない奇声を発していました。




パレードが終わり、やっと今日の宿です。
なんとオフィシャルホテル(東京ベイ舞浜ホテル:今年3月オープン)を格安で宿泊できることになりました。
ネットの力は偉大です。




2日目はディズニーシーへ行きました。




この日から夏休みで、人も多く、娘が乗れないアトラクションも多いので、そんなにアトラクションは乗りませんでした。
と言っても4つのアトラクションを待ち時間なしで楽しみ、3時ごろディズニーシーを後にしました。

このままトンボ帰りかと思いきや、実は山梨県の方の格安ペンションをこれまたネットで予約していました。
夜には宿に到着。

次の日の日曜日は寄り道しながらゆっくり福井の家をめざして、無事帰りました。
車の走行距離は1100km。
軽自動車とはいえ、かなり快適でした。
帰りはやはりちょっと寂しかったです。
でも家族で過ごすディズニーリゾートは最高に楽しかったです。
娘もずーっとこの日のことを覚えておいてほしいです。

今度は家族でどこに行こうかなぁ。

TDL


パパの誕生日お祝いをして少し仮眠。 

日付が変わるとともに行動開始。

朝8時頃ホテル到着。

20日:ディズニーランド
21日:ディズニーシー
22日:帰福

詳細は後程…

誕生日


今日は、僕の誕生日です。

ここ数年、僕の誕生日前後は自然災害(豪雨等)があって、誕生日の日をゆっくり家族で・・・、なんてことはありませんでした。
今年の誕生日は大雨の心配もないので、久しぶりにゆっくりできる!と思っていたら深夜の火災。
一般住宅が数件燃え、焼死者もでてしまい、やはり僕の誕生日にはなにかある。と感じてしまいました。

家に帰るとケーキが用意されていて、ささやかなお祝いとなりました。
みんなありがとう。

今日から僕は連休。
でもこのあたりの天気はよくないし、特に予定もないので、突撃ディズニーランドツアーを企画しました。
明日から東京です。

草刈

しばらくの天気不順で畑仕事がさぼりぎみでした。
おかげで草は伸び放題。

今日は涼しいので、雨の合間をぬって畑の草刈にいそしみました。
中途半端に生えていないので逆に草刈がしやすかったです。
小1時間ほどで、結構かれました。

これからまめにしていかないといけませんね。

アンパンマン映画

今日は、仕事が終わってから娘とアンパンマンの映画を見に行きました。
映画の上映時間に合わせて映画館に向かうと、3連休の最後でもあり、ものすごい人でした。

ちょっと遅れて館内に入り、アンパンマンの映画を見ました。

仕事あけもあり、途中コクリコクリとした時もあったけど、概ね見ることができました。
娘も集中して見ていたらしく、満足してました。

これから夏休みシーズンとなり、お出かけしても人が多く、ちょっと大変な時期になってきました。

結婚記念日

挙式の日を結婚記念日とするか。
入籍の日を結婚記念日とするか。

我が家では挙式を挙げた日を記念日としています。
今日は旦那さまが勤務日ですので、特に何も用意しませんでしたが…
今朝、「何の日だ~?」

「ん、結婚記念日」
即答してくれたのでにっこり。

週末は三国の民宿で宿泊して、おいしい海の幸や温泉を満喫する予定。
私の短大時代の友人達が各々家族とともに大集合するのだ~

ちょっと贅沢するので、この機会に結婚記念日の祝杯をあげましょう。
アウトドアファミリーも5年目となりましたが、子供や家族はもちろん、大勢の皆さんに感謝して。

初心 忘れるべからず ですね!



なかよし きょうだい で~す。

いしかわ動物園

天気もいいし、最近病気やら、おとうちゃんの遠征などが重なってどこにも行ってないので、みんなでいしかわ動物園へ行ってきました。

りょーご君、最近ようやく動物を認識できるようになって来ました。
動物全般を「ワンワン」と言って指を刺すようになりました。
さて、動物園の動物達を見てどんな反応をするのかなぁ?

まずはアシカ。
柵を強く握って動物を目で追ってます。




そしておサルさん。




トラ。




動物のふれあいコーナーでは娘と一緒にうさぎを触ってみました。







娘はさらにひよこちゃんを触ってました。




りょーご君も娘も大満足!して帰りました。

帰りはお母さんは自転車で家まで(約50km)帰ることに。
2時間ほどで無事到着しました。

1歳になりました!


お誕生日おめでとう!

息子のリョーゴは1歳になりました。

大きな怪我や病気もせずこの日を迎える事ができて嬉しいかぎり。

最近のリョーゴは

2,3歩ですが、歩いたり、
ハーイと返事して手をあげたり、
どうぶつ見てワンワンと言ったり、
ちょうだいや、どーぞができたり、
盛んに指差ししてお話したり、
階段だけでなく、より高いとこに登ったり、
物凄く怒ったり、笑ったり、

日々成長が微笑ましい。

このまま見守って行こう。

気になるおもちゃ

これ、欲しいですね!
粒ガムは娘に渡して、親はこのおもちゃで遊ぶ…


■商品名:日本名峰コレクション~北アルプス南部編~

●キャラクター:日本名峰
●7月上旬全国発売
●彩色済ディスプレイモデル(台座付き)(全5種)
●解説書(山と渓谷社編集協力)(全5種)
●粒ガム(ソーダ味)1個
●メーカー希望小売価格 ¥500(税込価格¥525)
 
■商品説明
バンダイから団塊世代をターゲットにした全く新しいコレクションシリーズが登場します。30代~団塊世代の登山ファンに人気の槍ヶ岳など北アルプスエリアを、実際に登ったコースを思い出すような「立体地図」として、リアルな造形で再現します。「山と渓谷社」の全面協力のエリアガイド(解説書)も同梱しています。

北アルプス北部編や中央アルプス、南アルプスも今後期待します!

ポインズンリムーバー


りょーご君が虫に刺されるとひどく腫れて、結構長い間虫刺されの痕が残ってしまう。
どうも虫に弱い体質とみた。
それで、ポインズンリムーバーを買ってきてみた。
今まで使用したことがないけれど、これで症状が軽くなればと期待がかかるところ。

第9回 北丹沢12時間山岳耐久マラソン


今年は、休みの周期と大きな大会とがマッチングしない外れ年。
その中で、今年唯一の大きな大会となりそうなこの大会に、参加してきました。
丹沢といえば秋にある有名なハセツネ大会。
ハセツネとは、丹沢で行われる24時間山岳耐久マラソンの俗称です。

ハセツネには参加したことがないけれど、ハセツネが行われる場所から割と近く、時間もちょうど半分なので、この大会は自分の力を試すにはちょうどいい大会ではないだろうか。

さて、実は過去2回ほどこの大会に参加したことがある。
1回目は第3回(?)ぐらいのとき。
そのときは、現在とは会場や距離が若干違うので単純な比較はできないけれど、距離38km、時間6時間38分、順位は総合66位だったのを記憶している。
(今回の距離は43.86km)
2回目の参加は2年前の第7回大会。
そのときは、遠征疲れか、体の力が出なくて第1関門でリタイヤしている。
さて、今回はそのときや去年の富士登山競争のリベンジができるかどうかである。

土曜日、お昼過ぎに家を出発し、途中高速道路で事故渋滞にはまるも、9時前に大会会場の駐車場に到着。
なんと結構な雨が降っている!
携帯で天気予報を見ると、大会当日の早朝には止むとのこと。
雨が止むことを願って車の中で寝ることにする。

朝4時起きると、一応雨は止んでいるみたい。
だけど、雲はかなり低く、ちょっと肌寒い。
ここまできたら何があってももう一緒と諦め、ご飯を炊いて、腹いっぱいに朝食を食べる。

今回、もって行った荷物は以下のとおり。
バームウォーター 1リットル
おにぎり 2個(レース中食べず)
ウィーダー 2個
アミノバイタルプロ 1袋
スニッカーズ 1個(レース中食べず)
パワージェル 1個
ウィンブレ 1つ
これらを18リットルザックに忍ばせる。

時間には余裕があるので、1時間ほど前にはスタート地点に近い場所に場所取りをする。
20分前には人で溢れかえってきた。
アナウンスによると今回のエントリー人数は過去最大の1700人!
箱根の大会など、この手の大会が人気を帯びてきているようである。

今回の大会の目標・作戦は以下の通り。
・リタイヤしない
・大きな休憩は取らない
・基本は登り歩き、下り、平坦部は走る
という事を肝に銘じいざスタートへ。

スタート→第1関門:2時間25分
この区間は、最初少しアスファルトを走り、小さな山を一つ超え、その後、アスファルトの林道を5kmほど走り、その後、標高差900mの山越え。
その山を下山すると第1関門の神ノ川ヒュッテになる。
最初の小さな山では大渋滞になるとの噂。
結構前の集団にいたので、想像よりかは渋滞は起きなかった。
それでもペースが遅い人がいるもので、その人達を追い越す。
山越え後、アスファルトをひた走る。
ここで、かなりの人を追い越す。
山に入る前に間瀬さんから3分遅れとの情報を得るが、これ以上は無理であった。
この山、ひたすら急坂が続くので、ここで余裕がないとレース全体が駄目になることがわかっていたので、常に余裕を持って登ることにする。
それほどの疲労はなく、頂上に到着。
さて、その後の下りは、周りが飛ばすのけれど、マイペースを維持しつつ走って下る。
けれど、ここも急な坂。
だんだん足にダメージが残ってきた。
しかも足場はガレ場になってきていて、前に進みにくくなっていた。
第1関門に到着したときは、太ももの筋肉がプルっていたので、ここでアミノバイタルを摂取し、ここで大量の水を頂く。

第1関門→第2関門:1時間30分
第1関門から一気に標高差600mを登り、その後下り基調の林道を8km走ると第2関門である。
最初の登りから歩く。
かなり足にダメージがあるも、がんばって休まず登る。
この登りで数人に抜かれる。
上に着くと、しばらくで林道に出た。
ここは、走っておかないとと走ろうと思うと、完全に足に来ていて攣りそうになっている。
仕方ないので、食べながら歩いて疲労回復を図る。
ここで、全体の半分以上歩き、さらに4、50人ほどごぼう抜かれされた。
それでも遅くてもちょっとづつ走ったりした。
第2関門に着き、水をたらふくもらい、リタイヤしようかちょっと考えた。
すると隣にいた人が役員に
「今の自分の順位は?」
「161位です。」
あれ?まだそんな前の方にいるんだ。
と分かった途端、がんばろうと思い、次の山越えに挑むことにした。

第2関門→第3関門:2時間21分
ここは、標高差820mの山越えで、後はゴールに一直線。
相変わらず急な登りである。
ここではパワージェルを頂く。
後ろの人に聞くと、第2関門から頂上までは疲れてなかったら70分、バテていたら90分とのこと。
休まず下を向いて黙々と登る。
このころになると、道の脇で顔を下にうなだれて廃人のように休んでいる人が見られるようになってきた。
しかも、周りの人は先ほどの林道の下りの道走りで相当足が来ている模様。
何度か休もうか葛藤する場面があったが、何とか休まず90分ほどで頂上に到着。
頂上からゴールまで下りで9kmとのこと。
足に疲れが出ているとはいえ、土の上はまだ走ることができる。
けれど、前に人が出てくるとその人の後ろをずーっと走る消極的なレース展開。
道を譲ってもらったりして、最後のゴールまで走ることができた。

タイム:6時間17分
総合順位:154位
種目順位:97位

ゴール後、立っていることができないくらい疲労していた。
それと同時に、ここ最近では味わったことがない充実感があった。
自分に感動した。
タイム的にも思ったより良かったので、途中歩きまくった区間が悔やまれる。

2日間たった今でも、お尻と太ももの強烈な筋肉痛に苦しんでいる。
それでもようやく手すりなしで階段が登れるようになってきた。

ハセツネはタイム的にはこれの2倍。
いや、ちょっと無理ですね。
まぁ、いつか休みが合えば出てみたいけれどね。
プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
06 | 2007/07 | 08
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。