スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

越前かぶと 今季初山スキー

今年は、北陸福井でもしっかりとした雪が降りました。
それにも関わらず僕の気持ちがスキーに向いていない。
客観的に見てこれはもったいない!
これだけ雪が降ればいつもは入れない福井の山でも立派に山スキーができるのは分かっている。
とりあえず近場の山へスキーに行けば、何かが変わるかも?と思い、今日は地元に山に行ってきました。

越前かぶとは、勝山市から北の方角を見るとアルペンチックに見える山である。
勝山で育った僕だが、恥ずかしながらこの山は一度しか登ったことがない。
それで、山スキーに行くにしても地形的なものの記憶はほとんどない。
一人心細く山へ向かうことにした。

この日の朝、出発する予定の時刻を大幅に遅れて家を出る。
それでも一時間ほどで車デポポイントである、除雪終了地点へ到着する。
今日は日本全国快晴で、しかも春の陽気になるそうである。
と言うことは日本全国雪崩の日でもある。
注意して行動しようと心に決める。

8:30 車出発
車の周りは2メートルほどの積雪である。
雪の上に登ると、ありがたいことにスキーのトレースがある。
早速使わせてもらう。
しかし、雪はカチカチに凍っていて、ラッセルは皆無。
林道を忠実に登り上げ、登山道沿いを登り、コルまで登る。

P1040827.jpg

途中に見える越前かぶとの岸壁地帯。
近くでこの景色を見ると圧巻です。
でも予想通り雪崩の爆音のオンパレードでした。

10:00 稜線コル
コルに来ると風が強く、一気に寒く感じる。
ようやく頂上が近くに見えるので、いそいそと登り始める。
標高が上がるにつれ、後ろに真っ白な白山が見え始める。

11:00 頂上着
雲ひとつない快晴の中、頂上に立つことができました。
一応記念写真。

P1040838.jpg

残念ながら表情がないですな。
もうどこを撮影しても絵になる天気です。
写真を撮りまくります。

P1040834.jpg

P1040835.jpg

白山も綺麗に姿を見せてくれました。

さて、エネルギー補給して、早速滑りに入ります。
コル目指してなるべく北面を選択して、斜面を滑ります。

P1040840.jpg

滑るには丁度いい雪の状態。
頂上付近は気温も低く、膝ほどまでのライトパウダーで、気持ちいいショートターンを決める。
標高差400mほどのパウダーを頂き、コルから忠実に元来たルートを辿る。
やはり陽が当たっているところはグサグサの雪になっていて、滑りづらい。
それでも果敢に?攻めの滑りであっという間に車まで到着してしまった。

11:30 車到着
越前かぶとは立派な山スキーに適した山と言えると思います。
同じ勝山にある取立山より、展望よし、滑る斜面よしで、お勧めと言えます。
思いがけず大満足な今季初山スキーであった。
これで、山スキーへのエンジンがかかってきた?気がしてます。
スポンサーサイト

雪復活祭り♪~焼山敗北山スキー

富山の山岳会「山兎」さんの山スキーに飛び入り参加させてもらい、焼山へアタックかけてきました。
結果は想像を絶する雪の為、敢え無く敗退となりましたが、充実した山行となりました。

偶然にもこの日から世の中の高速道路は休日は1000円で乗り放題。
その為、遠出にはそれほどダメージは残らず、何の惜しみもなく高速道路を利用させてもらう。

2:00 自宅出発
家を出たときから雪がちらついている。
魚津から高速道路の道路が真っ白になり、スピードを押さえ気味に運転する。
糸魚川ICを降り、笹倉温泉を目指すとどんどん雪が増えてくる。
除雪車にも会い、どうやら大変なことになっていそう。
5時半に待ち合わせの笹倉温泉に到着。
すでに山岳会のメンバーは到着し、山スキーの準備も整っている様子。
僕もそそくさと準備する。

6:00 笹倉温泉発
山岳会の中心メンバーたきさんによると、今日の降雪で、焼山頂上は狙わず、今日はとりあえずいけるところまでとのこと。
さて出発。

P1030719.jpg

深雪を踏みしめると腰まで埋まってしまった。
厳しすぎるラッセルに、メンバー7人でローテーションを組み順番にラッセルする。
容赦ないラッセルに泣きが入る。

P1030723.jpg

それでも、高度を稼ぐと山の展望が開け、景色のご馳走を頂ける。
これだから山はやめられないですな。

P1030726.jpg

たきさんは本当に気さくな方でいろいろ山の話で盛り上がる。
また他のメンバーもしゃべりかけてくれて、この会の雰囲気の良さが伺える。

5時間ほどラッセルを続けるとようやく焼山の頂上がはるか彼方に見え始める。

P1030733.jpg

ようやくアマナ平に到着し、北面台地へ登る斜面途中1150m付近で撤退。
厳冬期のこの雪では仕方ないです。
一人ではとてもここまで到達できなかったので、改めてメンバーに感謝です。

13:00 標高1150m付近滑り始め
さて滑りは激パウダーを期待のはずが、スキーは滑るはずもなく、埋まるのみ。
ちょっと挑戦しようとすると、転んで大変な目に会います。

P1030736.jpg

時にはシールを着けて、忠実に登ってきたトレースを利用して滑り降ります。
たまにスキー操作を誤り転んで酷い目に遭うけど、何とか立ち上がりまた滑り始める。

15:30 笹倉温泉着
全員大きな怪我やトラブルもなく、無事に笹倉温泉に到着です。
この後、メンバーは近くの民宿で宴会ということですが、僕は帰らせてもらう。
帰る途中、たきさんから教えていただいたカニのお店に寄ってみた。
意外とあっさりお店は見つかったけど、怪しすぎてカニの店なんて分からなかった。
それでも1200円で15杯ものカニをゲット!
お家に帰って、家族で食べ、父母に、近所の人に分けてもまだ余ってる。
なんて凄いお店なんだろう。

シーズン終了間際になって高速道路1000円効果も相まって僕の中でスキー熱が徐々に上がってきました。
さてどうしたもんだ?

スキージャム勝山にて滑り収め

妻とスキージャム勝山でゲレンデスキーの滑り収めをしました。
ゲレンデスキーで練習をしようと、いろいろレッスンを受けました。

ちょっとした寒波襲来のお陰で、積雪もちょこっと復活し、条件としては最高のものとなりました。

カービングターンでの、内足の使い方を重点に練習しました。
一日(と言っても数時間)のレッスンで少し足の感覚が分かり、シーズン最後にしてもっと滑りたい欲求に駆られました。

妻はテレマークのレッスン。

P1030717.jpg

このシーズンでかなり上手になったものです。
すばらしい。

新しいスキー板

来シーズンのパウダー用にと新しいスキー板を購入しました。

センター幅110mmと今までの板がうそのように太いです。

P1030643.jpg

今年の雪は終わりだけど、早くも来シーズンに期待です。

雪がないので・・・大崩山

寡雪の今年、雪を求めて移動を繰り返し、たどり着いたのが大崩山でした。

前日夜から妻とどこに山スキーに行くかの話し合い。
雪がないので、行くルートがかなり限定されているこの状況では、滑りは楽しめないのは明らかでした。
結局、寝る直前まで行き先が決まらず。
絞り込んだルートは
・神岡町和佐府方面
・新穂高方面
・平湯方面

雪のあるところで、実際現場に行ってみて消去法でルートを探る方向で話は終わりました。

さて、翌日は朝5時家を出発。

まずは神岡町和佐府方面へ。
神岡に入っても雪はまったくなく、挙句の果てに進入ルートを誤って冬季通行止め方向から進入。
敢えなく、除雪終了点で引き返すことになりました。

さて平湯方面へ。
平湯方面へ向かっても雪はまったくなく、さらに時間も遅くなってきてしまった。
これだけ雪がないと、平湯方面ではスカイラインからの猫岳方面しかない。
と言うことで、平湯トンネルを通過し、久手牧場付近駐車場へ。
久手牧場に着くと、すでに車が数台。
即効で出発準備を整えていると後から後から駐車する車が増えてくる。
恐らくこのあたりの山に入ろうとする人たちが雪を求めてここに着いたのだろう。

8:00 久手牧場付近駐車場出発
印刷してきた地図が若干ずれていて、スカイライン上の夫婦松まではGPSの地図とトレースを頼りに進むことに。
トレースは豊富にあって、上にも人がちらほら見える。
雪はカリカリバーンで斜度が増すとかなり歩きづらい。
2月なのに信じられないGWの時期みたいな雪である。

駐車場の風景

P1030502.jpg

10:00 夫婦松通過
ここで、数名のテレマーカーを追い越す。
ここからはジグザグのスカイラインをショートカットする。
コンパスをうまくあわせて直進し、無駄のないラインを取る。

どんどん登ります。

P1030506.jpg

12:00 大崩山着
頂上に到着すると、360度の大パノラマを堪能できた。
乗鞍も、穂高も、金山岩も、四つ岳も、じっくり見ることができた。
ここで雪を少し掘り、風除けを作成。
お昼ご飯を食べる。

大パノラマで絵になる風景。

P1030524.jpg

頂上で記念写真。

P1030533.jpg

13:00 大崩山発
大崩山頂上から猫岳へ向かう鞍部からスカイラインに降りる沢を滑ることに。
雪は縦溝が入っていてアイスバーンで、かなり滑りにくい。
お互いの滑りを写真に撮りながら滑る。
スカイラインに下りると15名ほどのテレのパーティーがツアーを楽しんでいた。
ここからはスカイラインを忠実に辿る。
夫婦松からは牧場へ。
牧場はゲレンデ状態で、かなり滑りやすく、ここでもお互いの姿を写真に撮る。

テレマークの練習です。

P1030571.jpg

僕の滑り。

P1030627.jpg

14:30 久手牧場付近駐車場着
お疲れ様でした。
この雪の中、まぁまぁ楽しめました。
今年はもうパウダーを滑ることはできないのでしょうか?
プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。