スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ニューアイテム

久しぶりの更新です。

少し前からストレッチボートなるアイテムが気になっていました。

そして今日、自作してみました。



我ながらうまくできた方です。

乗って見るとじわっとふくらはぎが伸びてきて、実に気持ちがいいです。

これに乗った後に走ってみたら、今まで感じたことがない出だしからの体の軽さ。

これはいいです!
因みに製作費用は500円程でした。
スポンサーサイト

ロングラン

今朝起きてみると、少し暖かく感じられ、久しぶりにロングランをしてみることにしました。

天気予報は下り坂。

でも、夕方から雨と言っているし、日中は持ちそうだ。

走り出すと、西の空は厚い雲。

もしかして持たないかと、そっからは雲との競争に。

結局、目標地点の1時間手前で本降りの雨に捕まり、練習終了!

30kmほど走り、加賀温泉駅で、暫しの旅行者気分を味わって、帰路につきました。

日本山岳耐久レース2012 総括



今年の大運動会のハセツネ。
自分としては、1年で一番大事な大会となってきている。
去年は大幅な自己記録更新をしたけれど、走り終わってみるともっとタイムを縮められた感があったので、その実現を目標に走ってきました。

◎荷物
飲み物:水2リットル(ムサシのリプニッシュを溶かしたもの)
ジェル:パワージェル7個(4個消費)+High5EnergyGel14袋(半分ほど消費)+アミノバイタル1個(消費)+ピットインゼリー1個(消費)
アミノ酸:ムサシのニータブレット7袋(4袋消費)+ZENリロード30粒(半分ほど消費)
塩分:エルグソルト30粒(半分ほど消費)+スポーツミネラル3袋
その他:饅頭1個+スニッカーズ1個+おにぎり1個+パワーバー1個(どれも消費せず)+エンライテン1箱(途中落とす)
アウター:finetrackのニュウモ(使用せず)



◎スタート前
早めに会場入りするために、今回の宿は割りと会場に近い八王子にした。
宿で起きて外を見ると雨。
去年も同じように雨だったから心配せず。
天気予報を見るとスタート前ぐらいには止んで、晴れてくるそうだ。
宿の近くのファミレスで朝食を多めに食べる。
9時前には会場入り。
会場でお店のブースでしばし買い物。
時間も早いので掘り出し物を買いあさる。
12時半頃に並びだすも、並ぶのが遅かった。。。
結構後ろのほうに位置し、しかもスタートの号砲が開会式のアナウンスが流れているのに鳴り出し、会場はブーイングの嵐に。
スタート位置的には去年より少し後方からのスタートか。
少し焦るが、冷静に冷静に。

◎スタートーCP1
スタートしてからの舗装路でやや無理しながらも人を追い越し、前へ前へ行く。
今熊神社辺りでようやく落ち着いた感じで、流れに乗る。
入山峠通過が55分。
去年と同じくらいか。
とにかく、この区間の厳しいアップダウンでハセツネは決まるといってもいいくらい重要な区間。
なので、特に下りでは足を使わないように小股走行を意識。
醍醐丸から先もやや疲れてくるが、サプリ多用で誤魔化しながら進む。
道はぬかるんでいるけれど、多分どのトレランシューズを履いても滑るのは一緒。
むしろソールに泥が入って重くならないようなシューズを選択したのが、正解だったような気がする。
平坦地と下りは基本走り。
上りは疲れないように歩く。
いつもの年より疲労感なしでCP1通過。
3時間09分55秒 169位

◎CP1-CP2
CP1からしばらく持参したポールを出さずに頑張っているが、足の疲れに耐え切れず、CP1から30分ほど行ったところでポールを出す。
合わせてヘッドランプも装備。
5時半頃までライトをつけずに頑張る。
丸山辺りから内臓のダメージが。
ジェルも過剰に入れると吐き気を催してくるので、本当に少量ずつ入れる。
さらに、ジェルも2つのボトルに入れていたのに、転んだ拍子に1つ落としてしまう。
CP1から若い女の人(後に女子5位の人と知る)とずーっと一緒だったけど、三頭山の急登で放されてしまう。
この登りが結構厳しいものでした。
エンライテンを疲れを感じてから取っていたのが、この登りで落としていることに気づきショックを受ける。
三頭山からの下りに入るとほぼ一人旅。
アスファルトを少し走るとCP2が見えてくる。
アスファルトを走ると足が軽くとても軽く思えて、それだけで体の疲れが取れる感じであった。
6時間30分17秒 162位

◎CP2-CP3
CP2で水を見ると1リットルほどしか減っていなかった。
そのため、水を800mlもらい、残りをポカリにしてポカリを飲む。
そして、疲れが見えた太ももにバンテリンを塗りこみ、おにぎり半分とアミノバイタルゼリーを食べて、CP2を後にする。
最初のほうはかなり復活した感じで、がんがん行けた。
それでも御前山の登りでは完全グロッキーになったが、休まず遅くてもいいので進んだ。
自分の中では御前山の登りがハセツネのポイントの一つと思っているので、ここを超えられると精神的に楽になった。
この辺りは7,8人ほどの集団走行で、お陰で下りも楽にこなせた。
一度かなり派手に転んで、後頭部を強打して、一瞬落ちかけた場面があった。
10秒ほど現場を認識できないくらいだったので、相当やばかったと思う。
ヘッドライトがその衝撃で切れてしまったが、サブライトの明かりで電池を入れなおしたりしたら直ったので、冷静さを取り戻せた。
大ダワを過ぎたら残り21km。
ここからあっさり行くのかと思ったら、大岳山が以外に遠かった。
大岳山の特徴である岩が出てくるまでがすごく時間が長く感じた。
大岳山に着いて、もう一度太ももにバンテリンを塗って、気合を入れる。
大岳山の下りは岩がごつごつしていて、慎重に下る。
CP3手前の水場で少し水を飲んで、CP3に到着。
9時間29分38秒 159位

◎CP3-ゴール
もしかしてこのタイムはサブ11行けるんじゃない?
そう思ったのは甘かった。
CP2手前で内臓がやられたツケが回ってきて、体が動かなくなってきたのを感じてきた。
日の出山の登りも我慢我慢。
日の出山の頂上で、ピットインゼリーとべスパハイパーを食べていざ出発。
サブ11達成まで残り時間は1時間5分であった。
金比羅尾根をこの時間で下るのは微妙だなと感じていた。
けれど、意外に金比羅尾根は上りがある。
登り走る力はもう残っていなかった。
それでも平坦や下りはゆっくりでも走る。
右側に町の明かりが見えてきて、ようやくレースを終わるのを実感する。
残り1.5km地点でサブ11の夢は消えた。
最後の町の中のアスファルトは残っている力をすべて出して走る。
感動のゴールであった。
11時間05分08秒 156位

◎ゴール後
内臓のダメージが大きくて、しばらく動けなかった。
荷物の横で30分ほどそのままの姿で横になった。
レース中に飲みたかったコーラをやっとの思いで買って飲んでみたけれど、10分後にすべて吐いてしまった。
何にも受け付けなくなっていた。
ようやく空腹や喉の渇きを感じたのはゴール後10時間が経過した後。
特に喉の渇きは強烈で、飲んでも飲んでも足らないくらい。
空腹感は軽いうどんやそばをちょこちょこ目に付く店ではしごして食べた。

レースが終わっての課題は、内臓の調子が悪いなりにベストは尽くせたと思う。
しかし、レースに持っていったのにゴールで残っているものがあまりに多い。
なので、来年以降出るときは荷物を今回の半分ほどに収め、軽量化を図りたいなぁと思う。
今度は10時間半切りを目標にしたいなぁ。

ハセツネ

昨日、今日とハセツネ大会でした。

あんまり調子が良くなかったのは分かっていたけど、お腹にダメージがきて、苦しいレースでした。

それでも苦しみながら自己新!

途中、一瞬見えたサブ11。
もう少し、届きませんでしたが、いいレースでした。

ハセツネプログラム

今週末、ハセツネ大会があり、その大会に参加しますが、今日、発送が遅れていたプログラムが届きました。

毎年、この大会のプログラムは内容が濃く、昨年の大会の写真が沢山使われています。

今年は20周年記念大会と言うことで、過去の大会を振り返ってました。

プログラムを見ていると、何と、僕の姿が。



2年ほど前に参加したときに、ゴール後に会場で寝ていたら撮影されていたようです。

まぁ、自分にとって大事な大会のプログラムに載ると、嬉しいものです。
プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。