スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

富山で元旦マラソン2戦

明けましておめでとうございます。
今年も自分磨きに頑張っていこうと思いますので、皆様よろしくおねがいします。

さて、昨日から妻の実家の富山にお邪魔しております。
富山の元旦はランナーにとってすばらしい舞台を用意しております。
なぜなら、元旦マラソンなる行事が各地で開催されています。
当日申し込み・参加費は格安とランナーにとってはうれしい限り。
さらに、スタート時間が各大会で微妙にずれているので大会破りな人にとっては、元旦で2、3レース出ることも可能。
凄くうらやましい環境です。

さて、私は7時スタートのとある会場で先ずは今年の第1レース・8kmを走りました。
最近はスタート地点に立った時点で、速いランナーの見分けが着くようになってきたけど、この日もマークすべく人はすでに存在しつつ、スタートしました。
やはり、速い。
しかもものすごく。
3人ほどが先頭集団であっという間に見えなくなりました。
後は淡々と目の前の人を抜いていくだけ。
折り返しはものすごい急な坂を登る神社。
ここで、息を整え、ゴールへ。
結果は4位。
でも参加費は無料なので、表彰とかはありません。
それでもハイレベルなレースをさせてもらい満足です。

さて、次は北野地区のマラソンへ。
ここは4km。
メンバーを見ると何でも全中4位の猛者が有力かと。
スタートすると彼が先頭に。
でも走りを見ると、・・・
まだ上がいる走りです。
それでもやっぱり速いです。
ここでも4位でフィニッシュ。
元旦からしっかりレースさせてもらい、とっても有意義な時間でした。
子供達もファミリーの部で優勝!
いい思い出になりました。

福井には元旦マラソンなる文化がないけれど、富山県って雪深いはずなのに、体を動かすすばらしい文化が根付いていて本当にうらやましく思いました。
スポンサーサイト

携帯電話

携帯電話を新しくしました。
今まで使っていた携帯が固まりまくり、最後には電話に出たくても出れない状態に。

それで散々悩んだ挙句、ドコモの防水携帯に決定!
1年8ヶ月使用した携帯電話にはない新しい機能が満載で、まだまともに使えません。
世の中の進歩をひしひしと感じる瞬間でした。

長い間使えるように大事に使わないといけません。

今日から

今まで、仕事上不規則な休みで、平日休みやら、お正月仕事やらいろいろありました。

でも、今日からしばらくの間、カレンダー通りの仕事になります。
と言うのも、明日から学校通いになります。
勉強して合格!と言うわけではなく、救急の勉強をするために県の消防学校で勉強することになりました。
しばらく学生という身分になって、災害現場には行かなくていいので、気分的には楽になりました。
住民の信頼にこたえられるように救急の勉強をがんばります。

ゲレンデスキー

今日は、職場の友達達とスキージャム勝山へ行ってきました。

朝、子供たちを保育園に送ってからいそいそとスキーの用意。
そして、みんなと落ち合い滑り始めは11時ごろ。

昨日は福井県では雨がふったようで、雪質は春スキー状態。
それでも一番上は風が強く寒かったです。
平日なので、人もいなく、気持ちよくかっとばしました。

パークを滑る友達。




ジャムの上から経ガ岳を望む。
まだまだ雪は少ないです。




黙々とスキーの練習をして、3時ごろ上がりました。
いい練習になりました。

平成30年 福井国体

ようやく、福井県知事が国体2巡目となる福井国体の誘致を発表しました。

以下記事

知事が国体誘致表明 18年 50年ぶり2巡目開催へ 1月6日午前8時00分

 西川知事は5日、県庁で年頭記者会見を行い、2018(平成30)年に順番が回ってくる2巡目福井国体について「厳しい財政状況など課題はあるが、県として誘致をしたい」とし、初めて誘致を表明した。1968(昭和43)年の1巡目国体以来ちょうど50年の節目に、国内最大のスポーツの祭典が再び本県で開催されることが確実となった。

 知事は、2巡目国体の在り方を議論してきた国体検討懇話会が昨年12月に提出した最終報告書を踏まえ「簡素化を図りながら、新しい形の国体開催に向けて準備を進めなければならない」との考えを示した。

 新しい形をどうするかについては「今後1年ぐらいの期間をかけ、具体化する」とした。県、県体協、各市町、経済団体、医療関係者などがメンバーとなり、議論していくとみられる。

 方向性としては、最終報告書に沿い、国体開催自体をゴールと位置づけず「将来的な県民のスポーツ振興、健康づくり」を最大の狙いとし、国体を機に施設整備や環境づくりを進めていく。

 知事は、これからの国体像について「従来型でなく、新しい形の健康を増進する競技大会でなければならない。(2巡目福井国体を)そういう初回にしたい」と意欲を示した。

 一方で、県などは開催の内々定を得る手続きに入る。知事、県体協会長、県教委の連名による要望書に、県会の決議と本県以外の中日本ブロック14府県の同意書を添え、日本体協と文部科学省に提出。内々定を経て、開催五年前に内定、3年前に開催が決定する見込み。

 2巡目国体については07年9月、県体協が誘致を求める要望書を知事に提出。これを受け、08年1月から有識者らでつくる国体検討懇話会が開催の是非を含め議論、本県独自のスポーツ振興策や経費縮減案などを盛り込んだ最終報告書を12月に知事に提出した。同月には全県議でつくる県会スポーツ促進議員連盟も早期の誘致表明を知事に申し入れた。

以上記事終わり。

福井で国体を開催するのは大いに賛成です。
だけど、資金がないとか、スポーツを指導・理解できる人が福井にはいないなど、心配面がいろいろ出てきそうです。
さらに、もう10年後には福井で国体ですよ!
競技の開催地だってまだだし、時間はありません。
うまくいくかどうか、結構心配です。

でも10年後というと娘がいい感じの年頃ではないですか。
国体選手育成計画を実行しないとね。
プロフィール

野外活動家族家主

Author:野外活動家族家主
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新記事
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。